新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)

宝塚歌劇団で4月から『幕末太陽傳』の舞台が始まるが、原作は昭和32年公開の同名の時代劇映画。私はこの作品が大好きだ。

bakumatu-thumb-255x362-462
※日活ウェブサイトより引用(引用元:http://www.nikkatsu.com/movie/20196.html

舞台となっているのは幕末の品川宿の相模屋。壁が土蔵の様なナマコ壁であることから土蔵相模と呼ばれた実在の遊女屋で、攘夷派志士の根城として長州藩の高杉晋作らが出入りしていたことでも有名である。

『幕末太陽傳』の魅力はこういった史実に『居残り佐平次』『三枚起請』『品川心中』といった落語の世界が絶妙にミックスしたストーリーにある。予備知識がなくても楽しめるのは勿論、歴史に興味があれば更に味わい深くなるという趣向になっているのだ。

bakumatu_00-thumb-300x214-461
※日活ウェブサイトより引用(引用元:http://www.nikkatsu.com/movie/20196.html

また役者の所作にも注目したい。まずヒロインのお染を演じる左幸子さんを初めとした女優陣の所作に無理がないのがいい。彼女たちはほとんどが遊女特有の、ずるずると引きずるような着物に打掛をまとっている。こういった衣装は裾裁きが難しいが、それをちゃんと日常着として着こなしているのが素晴らしい。

例えばお染がライバルの遊女と取っ組み合いの喧嘩をする場面。お互い頭に血が上った迫真の演技をしているために着物が大いに乱れるのだが、無意識に所作をこなしているために着物が乱れたら乱れたなりの美しさが絶妙に保たれている。

さらに特筆すべきは主人公の佐平次を演じるフランキー堺さんが醸し出す、尋常ではない生活感だ。キセルで煙草を呑む、薪を割って釜にくべる、足にお灸を据える……、これらの所作を台詞を喋りながら自然にこなしてゆく。

要は、役者が江戸時代であればあたりまえの所作をあたりまえのようにこなしているということだ。

東海道五十三次之内 品川之図(国立国会図書館蔵) 品川宿の遊女は名目上は旅籠の配ぜん係=飯盛り女。吉原の花魁にくらべると衣装の豪華さは劣りますが、人気は同じくらいありました。

東海道五十三次之内 品川之図(国立国会図書館蔵)品川宿の遊女は名目上は旅籠の配ぜん係=飯盛り女。吉原の花魁にくらべると衣装の豪華さは劣りますが、人気は同じくらいありました。

江戸時代とは生活習慣まるで変ってしまった現在では、このあたりまえがとても難しくなってきている。役者が時代劇に出る場合は、事前に所作指導を受けるケースが多く、一朝一夕で身につくものではないので演技が制限され、どこか動作がぎこちなくなってしまうことも多いようだ。この煩わしさが時代劇制作のハードルの一つになっている事は想像に難くない。勿論、これは役者のせいではなく、普段の生活様式の欧米化によるものなので仕方のないことであるのだが。

しかし60年前に『幕末太陽傳』が制作された頃は、まだ役者自身が江戸時代の生活を身近に感じられる環境にあった。それが所作に現れ、登場人物たちが江戸時代に実際に生きているようにしか見えないほどのリアリティを創り出しているのだ。

当時の時代劇が殊更に面白く感じるのも、此の辺りに理由があるのかもしれない。

001_20140418001201172
映画『幕末太陽傳』デジタル修復版公式サイト

http://www.nikkatsu.com/bakumatsu/

宝塚歌劇公式ホームページ 雪組公演 『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/bakumatsutaiyouden/

文/堀口茉純(ほーりー)
東京都足立区生まれ。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。一方、2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル」として注目を集め、執筆、イベント、講演活動にも精力的に取り組む。著書に『TOKUGAWA15』(草思社)、『UKIYOE17』(中経出版)、『EDO-100』(小学館)、『新選組グラフィティ1834‐1868』(実業之日本社)がある。

91fAP3-NUVL
『江戸はスゴイ』世界一幸せな人びとの浮世ぐらし
(堀口茉純・著、PHP新書)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  2. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  3. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  4. 新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった
  5. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
PAGE TOP