新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)

宝塚歌劇団で4月から『幕末太陽傳』の舞台が始まるが、原作は昭和32年公開の同名の時代劇映画。私はこの作品が大好きだ。

bakumatu-thumb-255x362-462
※日活ウェブサイトより引用(引用元:http://www.nikkatsu.com/movie/20196.html

舞台となっているのは幕末の品川宿の相模屋。壁が土蔵の様なナマコ壁であることから土蔵相模と呼ばれた実在の遊女屋で、攘夷派志士の根城として長州藩の高杉晋作らが出入りしていたことでも有名である。

『幕末太陽傳』の魅力はこういった史実に『居残り佐平次』『三枚起請』『品川心中』といった落語の世界が絶妙にミックスしたストーリーにある。予備知識がなくても楽しめるのは勿論、歴史に興味があれば更に味わい深くなるという趣向になっているのだ。

bakumatu_00-thumb-300x214-461
※日活ウェブサイトより引用(引用元:http://www.nikkatsu.com/movie/20196.html

また役者の所作にも注目したい。まずヒロインのお染を演じる左幸子さんを初めとした女優陣の所作に無理がないのがいい。彼女たちはほとんどが遊女特有の、ずるずると引きずるような着物に打掛をまとっている。こういった衣装は裾裁きが難しいが、それをちゃんと日常着として着こなしているのが素晴らしい。

例えばお染がライバルの遊女と取っ組み合いの喧嘩をする場面。お互い頭に血が上った迫真の演技をしているために着物が大いに乱れるのだが、無意識に所作をこなしているために着物が乱れたら乱れたなりの美しさが絶妙に保たれている。

さらに特筆すべきは主人公の佐平次を演じるフランキー堺さんが醸し出す、尋常ではない生活感だ。キセルで煙草を呑む、薪を割って釜にくべる、足にお灸を据える……、これらの所作を台詞を喋りながら自然にこなしてゆく。

要は、役者が江戸時代であればあたりまえの所作をあたりまえのようにこなしているということだ。

東海道五十三次之内 品川之図(国立国会図書館蔵) 品川宿の遊女は名目上は旅籠の配ぜん係=飯盛り女。吉原の花魁にくらべると衣装の豪華さは劣りますが、人気は同じくらいありました。

東海道五十三次之内 品川之図(国立国会図書館蔵)品川宿の遊女は名目上は旅籠の配ぜん係=飯盛り女。吉原の花魁にくらべると衣装の豪華さは劣りますが、人気は同じくらいありました。

江戸時代とは生活習慣まるで変ってしまった現在では、このあたりまえがとても難しくなってきている。役者が時代劇に出る場合は、事前に所作指導を受けるケースが多く、一朝一夕で身につくものではないので演技が制限され、どこか動作がぎこちなくなってしまうことも多いようだ。この煩わしさが時代劇制作のハードルの一つになっている事は想像に難くない。勿論、これは役者のせいではなく、普段の生活様式の欧米化によるものなので仕方のないことであるのだが。

しかし60年前に『幕末太陽傳』が制作された頃は、まだ役者自身が江戸時代の生活を身近に感じられる環境にあった。それが所作に現れ、登場人物たちが江戸時代に実際に生きているようにしか見えないほどのリアリティを創り出しているのだ。

当時の時代劇が殊更に面白く感じるのも、此の辺りに理由があるのかもしれない。

001_20140418001201172
映画『幕末太陽傳』デジタル修復版公式サイト

http://www.nikkatsu.com/bakumatsu/

宝塚歌劇公式ホームページ 雪組公演 『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/bakumatsutaiyouden/

文/堀口茉純(ほーりー)
東京都足立区生まれ。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。一方、2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル」として注目を集め、執筆、イベント、講演活動にも精力的に取り組む。著書に『TOKUGAWA15』(草思社)、『UKIYOE17』(中経出版)、『EDO-100』(小学館)、『新選組グラフィティ1834‐1868』(実業之日本社)がある。

91fAP3-NUVL
『江戸はスゴイ』世界一幸せな人びとの浮世ぐらし
(堀口茉純・著、PHP新書)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  2. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  3. 狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白す…
  4. ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作…
  5. 市川崑監督『犬神家の一族』|黒々しさが味わい深い傑作ミステリー映…
PAGE TOP