30年ぶりの「主人公秀吉」に立ちはだかる難題

A:ここ数年の大河ドラマで制作統括が「歴史好き」をアピールすることはあまり多くはありませんでした。それだけに「推しは秀吉」という松川氏の登場を素直に喜びたいと思います。さて、『豊臣兄弟!』ですが、難題が待ち受けています。今、知られている豊臣秀吉の生涯のベースになっているのは『太閤記』だったり『絵本太閤記』だったりします。これらの中にはどうも史実とはかけ離れていると思われるエピソードも多いのです。

I:史実ではないけれども、水戸黄門の印籠のように、登場しないとすっきりしないという場合もあるかもしれません。

A:そうした難題が立ちはだかりますが、制作統括が秀吉推しの歴史好きということで、「いくらなんでもそれはありえないでしょう」という「越えてはいけない境界線」を熟知していると思われます。それだけに期待大です。

I:重要なのは秀吉役を誰がやるのか、秀吉ファミリーの配役は? というところではないでしょうか。

A:個人的には秀吉役は賀来賢人さんだったらいいなと思っています。

I:え? そんなこと言ってるとまた大外ししますよ。

構成/『サライ』歴史班 一乗谷かおり

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店