最近、パソコンやスマートフォンの普及により、自ら字を書く機会はめっきり減少してきました。その影響からか「読める、けれども、いざ書こうとすると書けない漢字」が増えていませんか? 以前はすらすらと書けていたのに、と書く⼒が衰えたと実感することもあります。

記事を読みながら漢字の読み書きをすることで、脳のトレーニングとなります。また、この記事を通じて、読むこと・書くこと・漢字の意味を深く知り、漢字の能力を高く保つことにお役立てください。

「脳トレ漢字」第181回は、「竜胆」をご紹介します。見慣れない漢字ですが、秋に花を咲かせる植物の名前になっています。実際に読み書きなどをしていただき、漢字への造詣を深めてみてください。

「竜胆」のとは何とよむ?

「竜胆」の読み方をご存知でしょうか? 「りゅうたん」ではなく……

正解は……
「りんどう」です。

『小学館デジタル大辞泉』では、「リンドウ科の多年草」と説明されています。竜胆の開花時期は9月から11月頃で、秋を代表する草花として知られています。晩秋になり、寒々しい風景が広がる中で、美しい青色の花を咲かせる竜胆。

平安時代の二大作家・紫式部と清少納言も、竜胆の花について触れるなど、その美しさに魅了されています。近年では品種改良が進み、園芸に適した品種も多く見られるため、実際に育ててみるのも良いかもしれませんね。

「竜胆」の漢字の由来は?

干した根は漢方の薬として使われるなど、薬草としても知られている竜胆。根は非常に苦く、熊の胆汁を乾燥させた生薬・熊胆(ゆうたん)に引けを取らないことから、「竜」の字を冠して「竜胆」と表記されるようになったと言われています。

中国語で、「竜」は最上級という意味を持ちます。そのため、本当に苦い薬草という意味で、この漢字が当てられたのではないでしょうか?

辰年はどんな年?

十二支の中で唯一、空想上の動物である「辰」。竜やドラゴンなどと呼ばれ、世界中で様々な伝説が見られます。古代中国において、雨を降らせて五穀豊穣をもたらすとされる竜は、麒麟(きりん)・鳳凰(ほうおう)・亀とともに四霊と呼ばれ、厚く信仰されました。また、皇帝の生まれ変わりと言われることもあり、権力・隆盛の象徴でもあったそうです。

日本でも、古くから竜は神聖視されており、『日本書紀』にも竜についての記述が見られます。中国と同様、雨を降らせる神として、信仰の対象となっていたのです。今年は、そんな縁起の良い動物・竜が主役の年。物事が大きく動き出す年と言われることもあるため、何か新しいことを始めてみるのも良いかもしれません。

***

いかがでしたか? 今回の「竜胆」のご紹介は、皆さまの漢字知識を広げるのに少しはお役に立てたでしょうか? 2023年が終わり、新しい一年がスタートしました。素敵な一年になるように、心機一転、頑張っていきたいものですね。

文/とよだまほ(京都メディアライン)
HP:https://kyotomedialine.com FB

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店