3度目の結婚で秀忠の正室

江は、尾張大野城主佐治一成(さじ・かずなり)と結婚しました。しかし、秀吉の意向により離縁することに。

その後、秀吉の養女となり、亀山城主・羽柴秀勝(はしば・ひでかつ)と結婚します。女の子(のちに秀忠の養女となる、九条幸家室・同道房母)を一人儲けましたが、秀勝は朝鮮出兵時に病死してしまうのです。

そして文禄4年(1595)、秀吉の計らいにより、徳川秀忠と結婚します。この時、秀忠は、江よりも6歳年下でした。秀忠との間には、家光、忠長、千姫、和子(のちの後水尾天皇<ごみずのおてんのう>中宮東福門院<とうふくもんいん>)ら2男5女を儲けます。

徳川秀忠像(松平西福寺蔵)

次男・忠長を偏愛した?

江には、「秀忠が側室を持つことを許さなかった」とか、「次男・忠長を偏愛し、家光ではなく忠長を将軍職に就けようとした」などという、どちらかというとネガティブな逸話がいくつか残されています。しかし、これらの真偽は、いずれもはっきりとはしていません。

江戸城で死去

寛永3年(1626)9月15日、江戸城で亡くなります。54歳でした。没後に、従一位(じゅいちい)が贈られています。

法名は崇源院殿昌誉和興仁清。墓所は、東京芝の増上寺です。

まとめ

生まれて間もなく父を亡くし、その数年後には母も亡くした、江。3度の結婚を経験し、最後の夫となる秀忠は、徳川幕府2代将軍となり、長男の家光は3代将軍となります。こうしたことを振り返ってみても、江は激動の人生を送ったと言えるでしょう。

※表記の年代と出来事には、諸説あります。

文/京都メディアライン
HP: https://kyotomedialine.com FB

引用・参考図書/
『日本大百科全書』(小学館)
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社)
『国史大辞典』(吉川弘文館)

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
5月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店