読書家で鷹狩好き、自ら薬を調合した天下人の知られざる素顔

天下統一後、大御所として過ごした駿府城跡(静岡市)に立つ徳川家康の像。老いてもなお鷹狩で野山を駆けたという。

読書を好み、書の普及に尽力した家康は、鷹狩を愛し、調薬を手がけるなど、多様な顔を持つ武人だった。江戸時代260余年の泰平の世の礎を築いた天下人の人物像を振り返る。

「自分で薬草を育て、薬研で自ら調剤していた健康オタクでした」

徳川家康は75歳の長寿を全うした。長寿の秘訣は彼の「健康オタク」にあったと、NHK大河ドラマ『どうする家康』の時代考証を務める静岡大学名誉教授の小和田哲男さんは語る。

「駿府では薬草園を開いています。自分で採取し、薬研(やげん)ですりつぶして、丸薬も作っている。調子が悪いとその丸薬を飲んでいた。家臣にも分けていたようです」

青磁(乳棒2本付き)。家康が自ら薬を製剤するときに使った乳鉢と乳棒。左の乳鉢は中国明時代の青磁で龍泉窯。長い乳棒は水晶製。久能山東照宮博物館蔵
びいどろ壺・3個。ガラス製、重文。壺には家康自製と伝わる褐色の薬が残る。びいどろ(ガラス)はポルトガル語のヴイドロが語源。久能山東照宮博物館蔵

家康の長寿は、結果的に日本に260年もの間、戦争のほとんどない時代をもたらした。

「家康は新田開発や河川の改修も積極的に進めています。そのおかげで、人々が食べていける時代となった。江戸時代には人口がほぼ2倍になっている。いまの日本の基礎を作ったのは、間違いなく家康といえます」(小和田さん)

折戸ナスと八丁味噌

三保の松原から望む富士山と折戸ナス(画像下)。折戸ナスの栽培は明治に中断したが、近年若手農家の手で復活。甘い味で採れたては生食できる。

家康ゆかりの静岡県には、家康が好んだ食材がいまもある。そのひとつが、静岡市清水区の折戸ナスだ。家康に献上したところ「これは美味」と喜んだという。

JAしみず南部営農センター三保営農拠点の望月星輝さん(23歳)を訪ねた。

「折戸ナスは明治時代に栽培が途絶えますが、平成17年に地元の生産者とJAほかの関係者が復活させました。三重県の国の研究機関に種が保存されていたのです。きめ細かな肉質で味は濃厚です。煮崩れしないので、いろいろな料理に応用できますよ」

家康の好みを伝えるという諺「一富士、二鷹、三なすび」は折戸ナスだったのかもしれない。

家康は岡崎城(愛知県)で生まれた。岡崎では、家康が好んだとされる豆味噌がいまも製造されている。江戸時代初期より岡崎城から西へ八丁(約870m)の八丁村(現・岡崎市八帖町)で造られた豆味噌は地名に因み「八丁味噌」と呼ばれるようになった。

昭和34年(1959)に再建された岡崎城の天守。3層5階。徳川家康の生地。江戸時代は譜代の大名が歴代の城主を務めた。
八丁味噌。

老舗の合資会社八丁味噌を訪ねた。当主は代々早川久右衛門と名乗っている。ロゴマークが四角に「久」と書くところから屋号はカクキューという。企画室の早川ちかこさんは語る。

「日本の多くの味噌は大豆と米と塩を原料とした米味噌ですが、八丁味噌は大豆と塩だけで造る豆味噌です。八丁味噌には〈メラノイジン〉という褐色の成分が含まれています。抗酸化作用があり、食物繊維のような働きもするようです。健康保持の強い味方ですね」

味噌蔵に並ぶ木桶。ひとつの桶に職人の手で約6トンの味噌を仕込み、その上に約3トンの石を積み上げ、2年以上自然のままじっくり寝かせる。

家康はおそらく経験的に豆味噌の効用を知っていたに違いない。

解説
小和田哲男さん(静岡大学名誉教授・78歳)

昭和19年、静岡市生まれ。戦国時代を中心に日本中世史を研究。各地の城郭を歩き、歴史を多角的に掘り下げている。NHK大河ドラマ『どうする家康』の時代考証を担当。『徳川家康大全』ほか著書多数。

立ち寄り処

カクキュー八丁味噌(八丁味噌の里)

現当主で19代目。大豆と塩のみによる独特な伝統製法で江戸時代初期より「八丁味噌」を造り続ける。工場見学ができる。

愛知県岡崎市八帖町字往還通69
電話:0564・21・1355
営業時間:9時〜17時(見学コースは10時〜16時)※詳細は要問い合わせ
休業日:年末年始
入場料:無料
交通:名鉄名古屋本線岡崎公園前駅、愛知環状鉄道中岡崎駅から徒歩約5分

取材・文/田中昭三 撮影/宮地 工
※この記事は『サライ』2023年2月号より転載しました。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店