新着記事

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

「ねこ背矯正のプロ」が教える、丸まった背中を改善するセルフケア

文/鈴木拓也

「ねこ背矯正のプロ」が教える、曲がった腰を改善するセルフケア|『一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書』

下は10代から上は80代まで、これまで2万人以上の姿勢を改善してきた柔道整復師の小林篤史さんは、悪い姿勢には背骨の曲がり方によって、3つのステージがあると説明する。

まず、ステージIは「首曲がり期」。生活習慣で骨盤が前傾または後傾すると、「顔だけが前に飛び出す」などした、一般的なねこ背の状態。

これが悪化してステージIIの「背曲がり期」になると、はっきりと背が丸まって見え、実際に背骨が曲がっている状態になる。

さらに進んでステージIIIの「腰曲がり期」では、腰から90度くらいに曲がり、杖などの補助具がないと歩行も難しい、高齢者にしばしば見られる状態になる。

ステージIやIIはまだしも、IIIともなると改善は難しいのではと思ってしまうが、小林さんは、そこから改善し、ふつうに歩けるようにすることも可能だと、著書の『一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書』(マキノ出版)で説く。

本書では、各ステージに応じたセルフケアや生活習慣のアドバイスが網羅されており、ステージIII向けのメソッドもある。今回は、その幾つかを紹介しよう。

■ステージIII「腰曲がり期」の筋トレ

小林さんは、このステージの基本的な対策として「自分に可能な筋トレを行うこと」を挙げる。筋肉の衰えが、悪姿勢の固定化に直結するからだ。

「筋トレ」とは言っても、重いダンベルなどを持って上げ下げするようなハードなものではない。むしろ、(健常者の視点では)「これが筋トレ?」と思える運動だが、効果は大きいという。その1つが、「姿勢まっすぐウォーキング」だ。

・やり方
1. 壁の前に立って、壁に両手をつく
2. 壁についた手を上へずらしながら、壁に近づいていく。
3. こうすると自然に上体が起きるので、その姿勢をキープして1分間歩く。

歩くのは、室内でも屋外でもかまわない。時間にしてほんの1分。小林さんは、「歩くことに意識が向かうと、起こした上体がキープしやすいはずです」とアドバイスする。

話は前後してしまうが、「姿勢まっすぐウォーキング」をする前に、「骨盤を立てるストレッチ」と「骨盤タオルワーク」を行う。これらはステージI、II向けのセルフケアでもあり、前者は立ち姿勢で左足の甲を左手で持って後ろに引き上げ(太ももの裏につくところまで)、10秒キープして、反対の足も同様に行うというもの(骨盤前傾の場合)。後者は、硬く丸めたバスタオルを仙骨に当ててから仰向けになり、その状態を1分間キープするというもの(詳細については本書の図を参照)。

■ステージIII「腰曲がり期」の栄養状態改善

基本的な対策としてもう1つ重要なのが「栄養状態を改善すること」だ。

「食事に気を遣っているつもりでも、実際には栄養が足りず、知らず知らずのうちに、低栄養状態になっていることがあります」と、小林さんは指摘する。
特に一人暮らしだと、惣菜パン、丼もの、麺類などで手早く済ませがちになり、糖質ばかり摂る食生活になりやすい。そうではなく、本当に摂るべきなのは、タンパク質、ビタミン、ミネラルだという。

目安として、例えば、1食あたり薄切り肉2~3枚、魚の切り身1切れ、卵1個、豆腐2分の1のいずれかを食べるといいでしょう。筋肉と骨によいという意味では、鉄分やビタミンB群を多く含んだ赤身の肉がお勧めです。(本書154pより)

■ステージIII「腰曲がり期」の睡眠

これはなにもステージIIIの人に限ったことではないが、「いかに熟眠できるか」が、改善を促すためにも、悪い姿勢にリバウンドさせないためにも重要だという。

ふつう、熟眠しているときは、筋肉の緊張はほぐれているもの。しかし、姿勢に問題を抱えている人は、筋肉が緊張し、こわばっているため、熟眠しにくい。これでは、翌朝起きたときも疲れは取れず、筋肉はこわばったままになる。

対策として、「骨盤タオルワーク」を就寝前に行う。枕は、柔らかすぎるもの、低反発のものは、寝返りがしづらくなるのでNG。枕の高さについても、あお向け時に顔の面が床面と平行になるよう調節する。

パジャマは布団との摩擦が少なく、寝返りがしやすいという意味で、シルクがおすすめだという。同じ理由で、シーツも「ツルツルで摩擦がない」ものがベターだとも。

睡眠の質が上がれば、姿勢改善にもつながるそうなので、留意しておくとよいだろう。

*  *  *

小林さんは、ステージIIIからの回復はもとより、予防策となる一生曲がらない背骨づくりも可能だという。それには、本書にあるセルフケアをしながら、より好ましい生活習慣へと切り替えてゆくことが大事。「背すじが伸びれば、見える世界が違ってきます」という言葉を励みに、トライしてみるとよいだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書』

https://www.makino-g.jp/book/b456587.html

(小林篤史著、本体1,300円+税、マキノ出版)『一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP