新着記事

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

医師がすすめる老化に抗う7つの「アンチAGE(エージーイー)食事術」

文/中村康宏

老化に抗う7つの「アンチAGE(エージーイー)食事術」

実は怖い「体の糖化」老化を早め病を招く糖化物質《AGEs》蓄積を防ぐには【予防医療の最前線】」では老化物質である「AGE(エージーイー)」について解説しました。この老化物質は食事と密接に関係してるのはご存知の通りです。しかし、近年はAGEはカラダにいい物質とも言われるようになりました。どちらが正しいのでしょう? AGEの知見をアップデートし、AGEと上手に付き合う「アンチAGE食事術」を解説します。

■「AGE」は負の連鎖の始まり

AGEを作る「糖化反応」は体外でも体内でも起こります。カラダの中では、糖を利用してエネルギーを産生する反応によってAGEの形成と蓄積が起こります。一方、AGEは体外から摂取する食品にも含まれます。例えば、焼く、揚げるなど食品の調理や保存の過程においてAGEは作られ、コーヒーや醤油、赤ワイン、お味噌など「茶色い食品」にはAGEが多く含まれていることが知られています(*1)

AGEの産生・蓄積には自然な年齢に伴う変化のほか、高血糖の持続、炎症や酸化ストレス、虚血(動脈硬化など)によって進んでいくことが知られています。これらは生活習慣病の原因となるものでもあり、悪い生活習慣でAGEの蓄積が促進され、それがまた炎症反応のスイッチである“RAGE(後述)”を介してAGEをさらに形成するという「負のサイクル」を加速させます。

■ AGEは老化現象の元凶

AGEは老化物質として知られています。AGEは細胞表面の“AGE受容体(RAGE)”で認識され、それによって酸化ストレス炎症反応を引き起こします。すると、コラーゲンや筋肉などのたんぱく質の質を低下させ、血管の硬化、骨質の劣化などを招き、体内の老化が進みます。これは心臓病やがんなど、病気の進行に関与します。また、コラーゲンの変性によるシワやたるみなどの外見上の老化も引き起こします。

■でも、AGEは“善”!? ポイントはカラダの外と内の違い!

AGEが老化の原因であるということが知られるようになりましたが、「AGEは悪!」というレッテルが貼られています。しかし、近年は「AGEは善」と結論づける報告が増えています。例えば、AGEの一つである「メラノイジン」は強力な抗酸化物質で、脂肪肝を抑制したり、腸から脂肪の吸収を抑制したり、腸内環境を整える「カラダにいい存在」として知られています(*2)

つまり、体内に蓄積したAGEは老化現象を引き起こしますが、カラダにまだ貯まっていないAGEはカラダにいい物質でもあるのです! そんなAGEと上手に付き合う7つの食事術をご紹介します。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP