新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

50代でも5人に1人が一緒に入浴している!「夫婦入浴」の実態を大調査

最近、夫婦でお風呂に入っていますか? 「夫婦入浴」の実態を大調査!

20代は2人に1人、50代でも5人に1人が一緒に入浴!?

肌寒さを感じる今日この頃。入浴は体を温め、リラックスできるひと時だ。そんな時間を夫婦で共有している人はどのくらいいるのだろうか?

東京ガス株式会社都市生活研究所は、結婚している男女を対象に入浴に関する調査を行い、都市生活レポート『「夫婦入浴」のすすめ~たまにはお風呂で夫婦の本音トークを~』を発行した。その中から一部を紹介しよう。

* * *

■若年層ほど夫婦で一緒に入浴している割合・頻度が高い

夫婦で一緒に入浴している人はどのくらいいるのでしょうか。

東京ガス都市生活研究所が2014年に実施した調査によると、若い世代ほど夫婦で一緒に入浴する割合が高く、20代では2人に1人が月に1回以上夫婦でお風呂に入っています(図1)。

新婚のときは一緒にお風呂に入ることがあっても、子どもが生まれたり、仕事が忙しくなったりして、徐々に一緒にお風呂に入る機会は減るようですが、50代でも約5人に1人が2~3か月に1回くらい一緒にお風呂に入っています。

夫婦入浴

■夫婦入浴のメリットは節約だけでなく、夫婦仲の向上も

「夫婦入浴」に対してどのようなイメージを持っているか、調査しました。

夫婦で入浴する人は、しない人と比べて、「節約できる」「一回で済む」といった経済的・機能的な価値に加えて、「仲が良くなる」「会話が弾む」「楽しい」といった情緒的なメリットを感じています(図2)。

一方、夫婦で入浴する習慣のない人が抱く「きゅうくつ」「くつろげない」といったマイナスのイメージは、実際に夫婦で入浴している人はあまり感じていないようです。

夫婦入浴

■夫婦で入浴するかどうかは、浴室の広さと関係なし

夫婦で入浴している人は、一緒に入浴しても「きゅうくつ」「くつろげない」とは感じていないようですが、浴室が広いから二人で入浴できるのでしょうか?

調査の結果、夫婦で入浴する、しないに関わらず、浴室の広さにほとんど違いはありませんでした(図3)。

夫婦入浴

■夫婦入浴している方が、心身ともに良好な人が多い

「こころ」と「からだ」の健康状態について聞いたところ、夫婦入浴する人の方が 「こころ」と「からだ」ともに「良好である」と回答する割合が高いことが分かりました(図4・図5)。

夫婦で一緒に入浴することで、会話が増えて日頃のストレスが和らいだり、自分では気づかないからだの変化をパートナーが気づく、というメリットも考えられます。

夫婦入浴夫婦入浴

■「夫婦入浴」で心も体も健康で豊かな暮らしを

リビングで一緒に過ごす時間が長いというご夫婦でも、実際はテレビやスマホなど別々なことをしていて、一緒の空間にいるだけ、ということも多いのではないでしょうか。それに比べて入浴時間は他のことに邪魔されずリラックスできる時間です。夫婦一緒に入浴することで、言いにくかった悩みや考えていることなどを思い切って話すことができそうです。

入浴時間を使って夫婦のコミュニケーションを深めれば、心も体も健康で豊かな生活を送れそうですね。今日からさっそく、夫婦入浴してみませんか?

* * *

秋の夜長、たまには夫婦でゆっくり入浴するのも、温泉旅行気分でいいかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP