新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

三國清三さん/フランス料理シェフ(60歳)【達人たちの「ワタシの、センタク。」第8回】

「故郷、増毛(ましけ)の海が僕の味覚を育ててくれた」

北海道の漁村に生まれ育った少年は、15歳で料理人になる決意をする。以来ひと筋に45年、世界の一流シェフに名を連ねるまでの波瀾万丈を語る。

001_D6A5882

←みくに・きよみ 昭和29年、北海道増毛町生まれ。日本の一流ホテルで修業後、駐スイス日本大使館料理長。その後、ヨーロッパで修業を重ねて帰国。30歳で『オテル・ドゥ・ミクニ』をオープンする。最近は食育やスローフードの普及にも力を注いでいる。

 

今や“世界のミクニ”となったフランス料理シェフ、三國清三さんは少年時代をこう振り返る。
「家が貧しかったので、中学を出たら働くのが当たり前。料理人を選んだのは、食いっぱぐれがないというのが理由です」
故郷を離れ、札幌で住み込みで働きながら、夜は調理師専門学校に通う。ある日、夕食に見慣れぬ料理が出る。ハンバーグである。
「食べると肉汁がジュワーッと出てきて、ソースは甘酸っぱい。その瞬間、僕はハンバーグを作る料理人になろうと決心したんです」
三國少年の本格的な料理修業が始まった。札幌グランドホテルを経て、村上信夫という“料理の神様”がいる東京の帝国ホテルへ。だが、2年経っても鍋洗いの毎日。故郷を出てから初めて味わった挫折。増毛に帰って漁師にでもなるか−−。20歳の苦渋の覚悟だった。
そんなある日、村上料理長からスイスの日本大使館の料理長に推薦される。これが3年8か月の日本大使館勤務を含め、10年に及ぶヨーロッパ料理修業の始まりだ。
「その10年の間にも多くの“料理の神様”に出会いましたが、最も印象深いのが“厨房のダ・ヴィンチ”と呼ばれたアラン・シャペルさんです。『フランス料理のコピーじゃ駄目、日本人らしさを』といわれて腹が決まった。日本に帰ることにしたのです」
帰国後、日本人としてのオリジナル料理−−味噌や醬油、米を使った地産地消のフレンチを作る。当初は正統ではないと批判もされたが、世界がそれを認めてくれた。
振り返れば、少年時代に食べたウニやアワビ、ホヤといった増毛の海の恵みは、いわば味覚の英才教育であった。あの頃に覚えた素材の味が料理人としての原点であり、財産でもある。
6年後の東京五輪・パラリンピックでは、日本の食の魅力が詰まった料理で世界の人たちをもてなしたい。シェフの挑戦は続く。

←3歳の頃、増毛の海岸で。この日本海の幸、ホヤやウニなどが三國さんの味覚を育てた。

 

 

 

 

 

←ヨーロッパで最初に出会った料理の神様、ジラルデ氏は元サッカー選手。スタッフでサッカーチームを作り、三國さん(前列右)も汗を流した。

 

 

 

003 修業時代_トロワグロ兄弟←トロワグロ兄弟と一緒に。左がソースの神様といわれるジャン氏で、ソースの真髄を学んだ。右が弟のピエール氏。

 

 

 

 

 

 

●師・村上信夫料理長との約束やヨーロッパの料理の神様、食育など、こちらでご紹介しきれていない興味深い話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp
 

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP