新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|ミネストローネ

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味』が発売になりました。

その中から、サライ読者でも手軽に再現できるワンランク上のプロの料理の秘訣をお教えします。

今回は、オークラではおじやにして供して好評だったミネストローネ」を紹介します。

 

ミネストローネ

根岸規雄シェフのコメント
コンソメ、ビシソワーズと並んでホテルの定番スープです。家庭では残り野菜をいろいろ入れて作りたいですね。ベーコンを加えて、材料は全て1cm角の同じ大きさに切り、じっくり炒めるのがコツです。

 

【材料(2~4人分)】

トマト 200g
玉ねぎ 100g
にんじん 80g
さやいんげん 50g
ベーコン 2枚(30g)
にんにくのみじん切り 小さじ1/2(5g)
白いんげん豆 100g(ドライパック)
ショートパスタ 30g
水 21/2カップ(500㎖)
オリーブ油 小さじ4(20㎖)
塩 2.5g
こしょう 少々
パセリのみじん切り 少々

【作り方】
1 トマトは湯むきして種を取り、1cm角に切る。玉ねぎは1cm角に、にんじんは1cm角の薄切りにする。さやいんげんは1cm長さに切る。ベーコンは1cm角に切り、熱湯にサッと通してざるに上げる。

具はなるべく同じ大きさになるように切る。

2 鍋にオリーブ油、にんにくを熱し、香りが出たら、玉ねぎを入れて透き通るまで炒める。

玉ねぎを透き通るまで炒め、甘みを出す。

3 にんじん、いんげん、ベーコンと分量の塩から少々を加えて炒め、トマトを加えて炒める。

トマトを加えたら、水気を飛ばすように炒める。

4 いんげん豆を加え、野菜がしんなりするまで炒める。

野菜がしんなりしたらいんげん豆を加える。

5 水を加え、弱火で15~20分煮る。

水を加えてやわらかくなるまで煮る。

6 最後の10分ほどでショートパスタを加え、残りの塩、こしょうで味を調える。
器に盛り、パセリのみじん切りをふる。

ショートパスタは煮すぎないよう最後に加える。

 

 

 

【ミネストローネ】
 
ホテルらしからぬ料理が寒い日に大人気

ミネストローネおじや 
定番スープのうち年間を通して人気があったミネストローネに、ご飯を入れておじやのようにしてみたら、これが大好評。冬の夜食にもぴったりの名物メニューになった。

【材料(2人分)】
ミネストローネ 2人分
ご飯 150g
卵 2個
おろしパルメザンチーズ 適量
オリーブ油、塩、こしょう 各少々

【作り方】
1 土鍋にミネストロ―ネを移す。

スープは適量を土鍋などに移す。

2 ご飯を加えて軽く煮たら、卵を割り入れ、半熟ぐらいになるまで煮る。周りにオリーブ油をたらす。

ご飯を加え、スープになじませて軽く煮る。

卵を割り入れ、ふたをして半熟になるまで煮る。

3 塩、こしょうで味を調え、おろしパルメザンチーズを添える。

【ミネストローネおじや】

根岸規雄(ねぎし のりお)
1941年、埼玉県生まれ。東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルオークラ東京の料理人に。開業以来50年にわたり腕をふるい、第四代総料理長(2001~2009年)を務める。フランス農事功労章シュバリエ受章。現代の名工受章。学校法人北陸学園理事。著書は『ホテルオークラ総料理長の美食帖』(新潮新書)、『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』(KADOKAWA)。

ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味

(著:根岸規雄、本体1,500円+税、KADOKAWA ISBN:978-4-04-896397-8)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ …
  2. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー
  3. ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|えびとほうれん草…
PAGE TOP