サライ.jp

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味』が発売になりました。

その中から、サライ読者でも手軽に再現できるワンランク上のプロの料理の秘訣をお教えします。

今回は、1980年代に朝食で出して大好評のフルーツティー」を紹介します。

 

フルーツティー

根岸規雄シェフのコメント

フルーツティーは実はオークラが先駆けです。オランダ・アムステルダムにあるホテルオークラで1980年の朝食で出して評判になったオリジナルです。

フルーツはガラスのポットに入れたときに美しく見えるようにカットします。色よく出した紅茶を注ぎ入れて約15分、エキスと香りで満たされるのを目で楽しんだら、やさしい味をたっぷりと堪能してください。

 

【材料(作りやすい分量)】

紅茶の葉(ダージリン) 大さじ1(5g)
熱湯 4カップ(800ml)
オレンジの薄切り 3枚
キウイの薄切り 3枚
りんごの薄切り 3枚
レモンの薄切り 3枚
ライムの薄切り 3枚
フランボワーズ 5個
ブルーベリー 10個
レモングラス 3枚
スペアミント 5枝
砂糖 60g〜(好みで)

【作り方】
1 容器に紅茶の葉を入れて、熱湯を加え、5分蒸らす。
2 ボウルに砂糖を入れ、皮つきのまま5㎜厚さの薄切りにしたオレンジ、ライム、レモン、りんごと皮をむいて薄切りにしたキウイ、フランボワーズ、ブルーベリーを加えて全体に砂糖をまぶす。

砂糖を全体にまんべんなくまぶす。

3 ポットに2とレモングラス、スペアミントを入れる。

ポットにフルーツ、ハーブを散らしながら入れる。

4 1を茶こしでこしながら加え、沸騰直前まで温め、15分ほどおいて器に注ぐ。

紅茶を注ぎ、弱火で沸騰しないように温めてから15分ほどおく。

【フルーツティー】

根岸規雄(ねぎし のりお)
1941年、埼玉県生まれ。東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルオークラ東京の料理人に。開業以来50年にわたり腕をふるい、第四代総料理長(2001~2009年)を務める。フランス農事功労章シュバリエ受章。現代の名工受章。学校法人北陸学園理事。著書は『ホテルオークラ総料理長の美食帖』(新潮新書)、『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』(KADOKAWA)。

ホテルオークラ元総料理長の わが家でプロの味

(著:根岸規雄、本体1,500円+税、KADOKAWA ISBN:978-4-04-896397-8)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア