新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

早春の底冷えを癒すホットな一椀!京都「上七軒 ふた葉」のカレーうどん【京都うまいもん巡り第7回】

文・写真/中村暁

京都「上七軒」、そこが日本最古の花街だと知る人は意外と少ない。

北野天満宮東門へ続く300m余りの極く短い通りには、お茶屋、和菓子、漬物屋、割烹、仕出し屋、洋食屋などが並び、一角には上七軒歌舞練場もある。

さかのぼること430年前の天正15年(1587)のこと、豊臣秀吉が北野大茶会を催したおり、この門前の七軒茶屋が秀吉の休憩所となった。そこで秀吉に名物の御手洗団子を献じたところ大いに誉められ、その褒美として七軒茶屋に御手洗団子を商う特権と、山城一円の法会茶屋株を公許したのが、わが国に於けるお茶屋の始まりであると伝えられている。

そんな歴史ある街のうどん屋が、今回紹介する「上七軒 ふた葉」である。

IMG_5157

創業は昭和4年(1929)で、間もなく90年になろうとする、北野界隈の老舗うどん店。何といっても誉めるべきは、その良心的な値段で、天ぷらうどんも、カレーうどんも、しっぽくうどんも、肉うどんも、たぬきうどんも、中華そばも、650円あれば食べられる(これでほぼ店の看板メニューが網羅できる)。ご近所から永く愛されている理由の一つだと思う。

丼ものも豊富にあるので、お腹の具合で組み合わせてもよいだろう。

IMG_5153

店内に入ると出汁のよい香りが漂っていて食欲を掻き立てられる。

IMG_1371

冬場であれば、加減のよい「たぬきうどん」(京都では「きつねあんかけうどん」を「たぬき」と呼ぶ)や「カレーうどん」がお勧め。カレーなんばうどんは、かつお風味の効いただしと数種類のカレー粉をブレンドしたもので、冬の一番人気。甘辛いお揚げとの組み合わせが決まっている。

京都では「あんかけ系」が多種存在していて、ここふた葉でも、カレー、たぬき、あんかけ、けいらんがあるので、冬場に訪れたら、いろいろ試していただきたい。

たぬきうどん。

たぬきうどん。

カレーうどんのネタは、肉(牛肉)や鶏も選べるのも嬉しい。食べるうちに芯から温まり、京の底冷えを癒してくれる。

肉カレーうどん。

肉カレーうどん。

早春の今の時季であれば、都一番の梅の名所・北野天満宮で梅見をした後にでも、体を温めに立ち寄ってみてはいかがだろう。

ちなみに、蕎麦を茶そばでも出しているのもこちらの特徴で、すべての麺類が茶そばに替えて頼める。夏なら「冷やしきつね」を茶そばでいただくのがお勧めだ。

冷やしきつねうどん。

冷やしきつねうどん。

【上七軒 ふた葉】
■住所:京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町719
■電話:075-461-4573
■営業時間 : 11:00~18:30(売り切れ次第終了)
■定休日:水曜、25日天神市の日は営業
http://www.futaba-kami7ken.com/index.htm

【おまけ】最後に、京都の町の「うどん屋」選びのポイントをご紹介しよう。次の3点が網羅されていれば、その店は間違いなく、地元に愛され長く続いている良店である。

(1)うどん、そば、麺類一式と看板に上がっていること

(2)にしんそば、カレーうどん、中華そばがメニューにあること

(3)きつね、たぬき、カレー、丼ものなど「お揚げ」を使ったメニューが多いこと

文/中村 暁
日本文化プロデューサー。1955年、京都生まれ。伝統芸能をはじめ日本文化を様々な切り口からプロデュースする。日本の食文化についても興味が深く、素材を求めて生産者まで足を運び、自ら台所に立つことも多い。暮らしのスタイルは季節を感じて日本人らしくがモットー。

「京都うまいもん巡り」記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 旧帝大の優美な食堂で王道の洋食を!『京都大学 楽友会館』食堂【京…
  2. 口福感あふれる老舗の親子丼!京都・西陣『鳥岩楼』の親子丼【京都う…
  3. この香りと痺れがたまらない!京都「長文屋」謹製の極上粉山椒 【京…
  4. 京都伝統の「ご飯の供」!『京くらま廣庭』の木の芽煮(きのめだき)…
  5. 牛肉好きにはたまらない弁当!京都『お肉の大川』の黒毛和牛のてりや…
PAGE TOP