新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

京都伝統の「ご飯の供」!『京くらま廣庭』の木の芽煮(きのめだき)【京都うまいもん巡り第5回】

14907822_1120093191438876_299159448_o-001

文・写真/中村暁

よく「名物に旨いものなし」と言われる。だが今回ご紹介する鞍馬名物の「木の芽煮」(きのめだき)は、そんな定説をくつがえす伝統のお総菜である。山椒好き、昆布好きで知られる多くの京都人が常備菜としている、とても馴染み深いひと品だ。

鞍馬山・由岐神社の門前に店を構える廣庭商店は、木の芽煮では京都でも一、二を争う歴史を持つ老舗である。「元祖 木の芽煮」を名乗る明治16年創業の老舗で、現在は廣庭良郎さんが6代目をつとめている。

IMG_4612

14964269_1124410361007159_1188969202_o

山で採れる山椒と、海で採れる昆布とを合わせて作る「木の芽煮」は、京都でよくいわれる“山海の出会いもん”の傑作。鞍馬に近い伊吹山山麓で採れた実山椒と、京都で一番使われる利尻昆布を使い、これを初代からの伝統の技で炊き上げていく。火加減や冷ます時間を気温、湿度等によって調整しながら、山椒の香りと昆布のうまみを引出していくのだ。

創業当初からの竈で、大きな釜で炊くことによって、まろやかで滋味深い味に仕上がるという。出来上がるまでに三日がかりという、昔ながらのやり方だ。

14360384_1074169176031278_1432217134_o

14360459_1074169166031279_718483813_o

化学調味料、保存料など一切使ってないので安心して頂ける。保存料無添加の木の芽煮は、今や京都でも貴重な存在となっている。とはいえ日持ちがよいので、常備しておいて、お茶漬けやおにぎりにするのが一番のおすすめだ。

IMG_7653

そして廣庭商店さんのお総菜でもうひとつ、この秋にお勧めなのが「しめじしぐれ」。しめじだけを炊き上げた珍しい佃煮で、甘辛い味が癖になる。そのままご飯のお供にしてもよいが、これを使って炊き込みご飯にして、秋の味覚を大いに愉しむのも一興だ。

深まりゆく秋、紅葉の鞍馬山へ、京都伝統の味を求めて出掛けてはいかがだろうか?

(左)「元祖 木の芽煮(70g)」594円と、(右)「いわし削節・しめじしぐれ(70g)」648円。※価格は税込み

(左)「元祖 木の芽煮(70g)」594円と、(右)「しめじしぐれ(70g)」648円。※価格は税込み

【京くらま廣庭】
■京都市左京区鞍馬本町239
■TEL:075-741-2027
■FAX:075-741-2953
■営業時間 : 9:00~17:00
■定休日:なし(年中無休)
http://www.hironiwa.co.jp/

文/中村 暁
日本文化プロデューサー。1955年、京都生まれ。伝統芸能をはじめ日本文化を様々な切り口からプロデュースする。日本の食文化についても興味が深く、素材を求めて生産者まで足を運び、自ら台所に立つことも多い。暮らしのスタイルは季節を感じて日本人らしくがモットー。

「京都うまいもん巡り」記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 旧帝大の優美な食堂で王道の洋食を!『京都大学 楽友会館』食堂【京…
  2. 口福感あふれる老舗の親子丼!京都・西陣『鳥岩楼』の親子丼【京都う…
  3. 早春の底冷えを癒すホットな一椀!京都「上七軒 ふた葉」のカレーう…
  4. この香りと痺れがたまらない!京都「長文屋」謹製の極上粉山椒 【京…
  5. 牛肉好きにはたまらない弁当!京都『お肉の大川』の黒毛和牛のてりや…
PAGE TOP