懐かしさを感じさせる薄くふんわり焼き上げた生地

西洋菓子 しろたえ(東京・赤坂)

甘さ控えめの「シュークリーム」190円。
小ぶりながら、クリームがぎっしり詰まり、食べ応えがある。径約6cm、重さ約75g。

『しろたえ』が東京の一等地、赤坂に店を構えたのは昭和51年のこと。出店の入れ替わりが激しい場所にもかかわらず、開店以来、ケーキ好きの絶大な信頼を集める西洋菓子の老舗である。

創業時から愛され続けるシュークリームは、薄くやさしい皮の中に、隙間がないほどたっぷりのクリームが隠れている。クリームは、カスタードと生クリームを4対1程度に合わせ、バニラビーンズを使わずにブランデーとリキュールで香り付けしている。口の中でふっと漂う洋酒の香りが、クリームの後味を上品にまとめる。

「生地には大量の全卵と北海道産の冷蔵バターを使っています。冷凍バターでは風味が損なわれますから。焼成前に絞るときに、流れ崩れる寸前ぎりぎりのやわらかさにすることで、口当たりの良いふわりとした仕上がりになります」

とシェフの川越拓さん(43歳)。作り置きはせず、注文の状況を見ながら店舗でその都度作っている。

店の前には行列が絶えることがない。45年を経て今なお支持されるシュークリームは、ひと口ほおばれば心がほっこりするやわらかさ。日本人が慣れ親しんだ原点の味といっても過言ではないだろう。

シェフの川越拓さん。もともと祖父母が青森で菓子店を開き、父親が現店舗で洋菓子店を開業。父親とともに店の味を守っている。

●西洋菓子 しろたえ
東京都港区赤坂4-1-4 電話:03・3586・9039 営業時間:10時30分~20時30分、祝日~19時30分(喫茶室は~19時・最終注文) 定休日:日曜 交通:東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅から徒歩約3分

長年変わらぬ佇まい。シュークリームは前日まで予約可能。
松本民芸家具が配された落ち着いた2階の喫茶室。

取材・文/関屋淳子 撮影/高橋昌嗣

※この記事は『サライ』本誌2021年12月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品