新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

北方を守護する毘沙門天像の優品が一堂に【特別展 毘沙門天 北方鎮護のカミ】

取材・文/池田充枝

須弥山の四方にいて仏教世界を守る神、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)。
このうち北方を守護する多聞天は、「毘沙門天」の名で単独の像としても造像、信仰され、四天王のなかでも特別な存在です。
近年、毘沙門天像の研究発展を資する優品が相ついで発見されていることで、大いに関心が高まっています。

毘沙門天像の優品が一堂に会する展覧会が開かれています。(3月22日まで)

本展の見どころを、奈良国立博物館の上席研究員、岩田茂樹さんにうかがいました。

国宝「毘沙門天・吉祥天・善膩師童子立像」毘沙門天・善膩師童子(平安時代・11世紀)吉祥天(大治2年:1127) 京都・鞍馬寺

国宝「毘沙門天・吉祥天・善膩師童子立像」毘沙門天・善膩師童子(平安時代・11世紀)吉祥天(大治2年:1127) 京都・鞍馬寺

「本展では、日本の毘沙門天像のなかから選りすぐりの優品の出陳がかないました。なかでも半世紀ぶりの展覧会出陳となる国宝・鞍馬寺毘沙門三尊像や、アメリカから里帰りする毘沙門天像など、見逃せない作品ばかりです。
まずは鞍馬寺所蔵の国宝、毘沙門三尊像にご注目ください。

毘沙門天(平安時代・11世紀)京都・鞍馬寺

トチノキ製の一木彫像です。左手をかざして平安京を見はるかすポーズは他に類例がありません。ただし造像当初のかたちについては検討の余地があります。冠にある宝珠は福徳神としての性格を象徴すると考えられ、どっしりとした体型に力強さがみなぎっています。

吉祥天(大治2年:1127) 京都・鞍馬寺

吉祥天(大治2年:1127) 京都・鞍馬寺

修理時に像内から発見された経典の奧書から、大治2年(1127)の作とわかります。前年に鞍馬寺本堂は焼失しているので、火災で失われた像の再興でしょう。ほっそりした体型、穏やかな表情はこの頃の特徴。

善膩師童子(平安時代・11世紀)京都・鞍馬寺

善膩師童子(平安時代・11世紀)京都・鞍馬寺

毘沙門天と同時期の作で、同じくトチノキから刻まれています。吉祥天像に比べ抑揚に富む体型で、左手は経典を収めたとされる筺(はこ)を持っています。美豆良(みずら)という古代の少年の髪形を示しています。

国宝「毘沙門天立像」中国・唐時代 京都・東寺(教王護国寺) 写真提供/便利堂

国宝「毘沙門天立像」中国・唐時代 京都・東寺(教王護国寺) 写真提供/便利堂

同じく国宝に指定された東寺の毘沙門天立像をご覧ください。正面に鳥形を表す四面宝冠(しめんほうかん)、輪を連ねたような籠手(こて:腕の防具)、外套状の長い甲(よろい)を着ける西域風の異色の姿で、両脇にニ鬼形が侍り大地から涌出(ゆじゅつ)した地天女(ちてんにょ)の掌(たなごころ)に立っています。このような像容を「兜跋(とばつ)」形毘沙門天像と呼び、その原点に位置する像です。

要文化財「毘沙門天坐像」平安時代・12世紀 京都・清凉寺

要文化財「毘沙門天坐像」平安時代・12世紀 京都・清凉寺

この像は珍しい坐像の毘沙門天像です。岩座は後補で、当初は地天女と二鬼を配したと推測されていますが、さらに検討を要するところです。胸に甲(よろい)ではなく花飾りを表しています。

「毘沙門天立像」平安時代(保安5年:1124)個人(米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管)

「毘沙門天立像」平安時代(保安5年:1124)個人(米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管)

これは、近年再発見された重要作例の一つです。島根県奥出雲町の岩屋寺(いわやでら)旧蔵。古写真によると吉祥天と善膩師童子像を配した三尊像であったとわかります。像内に年紀等の銘文があり、兜正面、肩、腹に表された龍や獣の面、各所の装飾性豊かな彫りが特徴です。
優品揃いの本展で、皆さまを魅力にあふれた毘沙門天像の世界に誘いたいと思います」

まさに毘沙門天のオンパレード!! 迫力満点の展覧会にぜひ足をお運びください。

重要文化財「兜跋毘沙門天立像」(部分)平安時代 福岡・観世音寺

重要文化財「兜跋毘沙門天立像」(部分)平安時代 福岡・観世音寺

【開催要項】
特別展 毘沙門天 北方鎮護のカミ
会期:2020年2月4日(火)~3月22日(日)
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館第1室
住所:奈良市登大路町50
電話番号:050・5542・8600(ハローダイヤル)
https://www.narahaku.go.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2月24日は開館)、2月25日(火)
取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP