新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサートが、2017年11月10日(金)に東京・上野の東京文化会館小ホールにて開催されます。

プログラムは、舘野さんの立ち上げた「左手の文庫」に寄せられた作品が中心となる。

間宮芳生さんによる「風のしるし・オッフェルトリウム」という楽曲は、2004年に、半身不随を克服し、左手のピアニストとして復帰するときに、舘野さんに捧げられた作品。

「アメリカ先住民族ナヴァホ族の創世神話では、この地上の生きるものすべての誕生の時、生命を与えてくれるのは風の神。「人はその体内を風が吹いている間だけ生きている。体の中で風が止めば、人は言葉を失い、死ぬ」。この作品により、私は風をあたえられ、復帰した」(舘野さん)

また、ユヴァル・ゴトリボヴィチのヴィオラ・ソナタは、世界的ヴィオラ奏者の今井信子さんとの共演となります。

81歳を迎え、なお「生きた音」を求め続ける舘野泉さんの、新たな音色に耳を傾けてはいかがでしょうか。

【コンサート情報】
『彼のための音楽を彼が弾く~今井信子を迎えて 舘野泉 バースデー・コンサート 2017』
■日時・会場:
2017年11月10日(金) 19:00~・東京文化会館小ホール
■出演:
ピアノ/舘野泉
ヴィオラ/今井信子
■プログラム:
Y.ゴトリボヴィチ:ヴィオラ・ソナタ (世界初演) 共演:今井信子(ヴィオラ)
Y.ゴトリボヴィチ:舞踊組曲
J.ティエンスー:EGEIRO
池辺晋一郎:1枚の紙と5本のペン ~ 左手ピアノのために (世界初演)
間宮芳生:風のしるし-オッフェルトリウム(舘野泉に捧ぐ)
ほか
https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=595

【舘野泉さんの本】
舘野さんが今年6月に上梓した、『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(小学館)も話題を呼んでいます。くわしくはこちらをご覧ください

『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(舘野泉著、1000円+税、小学館)※表紙画像をクリックすると試し読みできます!

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP