新着記事

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサートが、2017年11月10日(金)に東京・上野の東京文化会館小ホールにて開催されます。

プログラムは、舘野さんの立ち上げた「左手の文庫」に寄せられた作品が中心となる。

間宮芳生さんによる「風のしるし・オッフェルトリウム」という楽曲は、2004年に、半身不随を克服し、左手のピアニストとして復帰するときに、舘野さんに捧げられた作品。

「アメリカ先住民族ナヴァホ族の創世神話では、この地上の生きるものすべての誕生の時、生命を与えてくれるのは風の神。「人はその体内を風が吹いている間だけ生きている。体の中で風が止めば、人は言葉を失い、死ぬ」。この作品により、私は風をあたえられ、復帰した」(舘野さん)

また、ユヴァル・ゴトリボヴィチのヴィオラ・ソナタは、世界的ヴィオラ奏者の今井信子さんとの共演となります。

81歳を迎え、なお「生きた音」を求め続ける舘野泉さんの、新たな音色に耳を傾けてはいかがでしょうか。

【コンサート情報】
『彼のための音楽を彼が弾く~今井信子を迎えて 舘野泉 バースデー・コンサート 2017』
■日時・会場:
2017年11月10日(金) 19:00~・東京文化会館小ホール
■出演:
ピアノ/舘野泉
ヴィオラ/今井信子
■プログラム:
Y.ゴトリボヴィチ:ヴィオラ・ソナタ (世界初演) 共演:今井信子(ヴィオラ)
Y.ゴトリボヴィチ:舞踊組曲
J.ティエンスー:EGEIRO
池辺晋一郎:1枚の紙と5本のペン ~ 左手ピアノのために (世界初演)
間宮芳生:風のしるし-オッフェルトリウム(舘野泉に捧ぐ)
ほか
https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=595

【舘野泉さんの本】
舘野さんが今年6月に上梓した、『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(小学館)も話題を呼んでいます。くわしくはこちらをご覧ください

『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(舘野泉著、1000円+税、小学館)※表紙画像をクリックすると試し読みできます!

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・…
PAGE TOP