新着記事

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサートが、2017年11月10日(金)に東京・上野の東京文化会館小ホールにて開催されます。

プログラムは、舘野さんの立ち上げた「左手の文庫」に寄せられた作品が中心となる。

間宮芳生さんによる「風のしるし・オッフェルトリウム」という楽曲は、2004年に、半身不随を克服し、左手のピアニストとして復帰するときに、舘野さんに捧げられた作品。

「アメリカ先住民族ナヴァホ族の創世神話では、この地上の生きるものすべての誕生の時、生命を与えてくれるのは風の神。「人はその体内を風が吹いている間だけ生きている。体の中で風が止めば、人は言葉を失い、死ぬ」。この作品により、私は風をあたえられ、復帰した」(舘野さん)

また、ユヴァル・ゴトリボヴィチのヴィオラ・ソナタは、世界的ヴィオラ奏者の今井信子さんとの共演となります。

81歳を迎え、なお「生きた音」を求め続ける舘野泉さんの、新たな音色に耳を傾けてはいかがでしょうか。

【コンサート情報】
『彼のための音楽を彼が弾く~今井信子を迎えて 舘野泉 バースデー・コンサート 2017』
■日時・会場:
2017年11月10日(金) 19:00~・東京文化会館小ホール
■出演:
ピアノ/舘野泉
ヴィオラ/今井信子
■プログラム:
Y.ゴトリボヴィチ:ヴィオラ・ソナタ (世界初演) 共演:今井信子(ヴィオラ)
Y.ゴトリボヴィチ:舞踊組曲
J.ティエンスー:EGEIRO
池辺晋一郎:1枚の紙と5本のペン ~ 左手ピアノのために (世界初演)
間宮芳生:風のしるし-オッフェルトリウム(舘野泉に捧ぐ)
ほか
https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=595

【舘野泉さんの本】
舘野さんが今年6月に上梓した、『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(小学館)も話題を呼んでいます。くわしくはこちらをご覧ください

『絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考』(舘野泉著、1000円+税、小学館)※表紙画像をクリックすると試し読みできます!

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP