新着記事

飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

文/編集部

古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。年明け最初の2018年2月公演では古今亭志ん輔がトリを勤め、『お見立て』を演じます。

吉原の花魁のところに、無粋な馴染み客がやってきた。客の前に出たくない花魁は、さまざまな言い訳を思いつくが……。遊女の品定めを指す「お見立て」が、サゲでは別の意味に転換するという、よくできた古典落語です。ご期待ください!

トリを勤める古今亭志ん輔(64歳)。昭和47年、古今亭志ん朝に入門。同60年、真打昇進。師匠譲りの明るさが持ち味。NHK『おかあさんといっしょ』のレギュラーを15年にわたって務めたこともあり、男女問わず幅広い層から支持されている。

【第76回「人形町らくだ亭」 開催概要】
公演日:2月5日(月)
開場:18時30分
開演:18時50分(21時終演予定)
出演・演目:
古今亭志ん輔(主任)『お見立て』、柳家さん喬、古今亭菊之丞、桂宮治
会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら
交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。
日本橋公会堂公式ウェブページはこちら
料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
*全席指定
チケット入手方法:
チケットぴあ(0570-02-9999)にて発売。チケットぴあPコード483-024
電子チケットぴあでも発売
主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  2. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
  3. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
  4. 【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若…
  5. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
PAGE TOP