新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

文/編集部

古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2017年最後となる11月の公演では、五街道雲助師匠が主任(トリ)を勤め、『品川心中』を口演します。

『品川心中』は、晩秋の品川遊廓を舞台にしたドタバタ喜劇。これを雲助ならではの乾いた描写のうちに、底辺に生きる男女の本音を浮き彫りにします。雲助の弟子で注目の若手真打・蜃気楼龍玉による『首提灯』の初演も聞きものです。ご期待ください!

主任の五街道雲助(69歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。昭和56年、真打昇進。『品川心中』を得意ネタとした古今亭志ん生の孫弟子にあたる。滑稽噺の軽さ、人情噺の重み、いずれも一級品の正統派。

【第75回「人形町らくだ亭」 開催概要】
公演日:11月29日(水)
開場:18時30分
開演:18時50分(21時終演予定)
出演・演目:
五街道雲助『品川心中』、蜃気楼龍玉『首提灯』、柳家小満んほか
会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら
交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。
日本橋公会堂公式ウェブページはこちら
料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
*全席指定
チケット入手方法:
チケットぴあ(0570-02-9999)にて発売。チケットぴあPコード=481-883
電子チケットぴあでも発売(10月6日より
主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
PAGE TOP