ネコを撮るならカメラ目線で!写真家が教える「ネコの上手な撮り方」3つのコツ

撮影/村上未知

レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 、f/5、1/60秒、ISO 3200 撮影/村上未知

デジカメやスマホで気軽に高画質の写真が撮れるようになり、撮影を楽しむ人が増加している。それを加速させているのがSNSの普及だ。

自分が撮った写真をSNSで公開すれば、友人知人からすぐに反応がある。逆に、アップする以上はいい反応を取りたくなる。とくにネコを飼っている人にとって、自慢のネコをいかに魅力的に撮るかは大きな問題である。

だからこそよく耳にするのが、「上手なネコの撮り方を知りたい」という声である。かわいがっているネコだからこそ、ベストな状態で撮りたいと感じるのは当然の話かもしれない。

そこで今回は、ニコンのサイトで連載中の「Enjoyニコン 好きな写真の撮り方レシピ」より、写真家の村上未知さんによる参考写真と解説を元に、カメラ目線のネコを表情豊かに撮影するための3つのコツをご紹介しよう。

■1:暗い場所で撮影する

暗い場所で撮影するとネコの瞳孔が開くため、黒目が大きくなって、あどけない印象になる。光量不足でシャッタースピードが遅くなりすぎないように、1/60で固定。暗いようなら、ISO感度を上げてみるといい。また、せっかくの効果を無駄にしないよう、AF補助光は切り、フラッシュもたかないように注意しよう。

■2:主役は片側に配置する

被写体となるネコを画面の右側に配置して、左側のスペースを広めにとると、ドラマチックで余韻のある構図になる。

■3:目にピントを合わせる

ネコらしい魅力のひとつが大きな目。だから撮影時にはその強さを出したいところだ。目だけにピントを合わせると、より印象的な作品に仕上がる。フォーカスは固定して、目線がこちらにくるタイミングを待ってシャッターを切ろう。撮影時は床に寝そべり、ネコと目線の高さを合わせるようにするといい。

*  *  *

以上、カメラ目線のネコを表情豊かに撮影するための3つのコツをご紹介したが、いかがだろうか? これらを踏襲して撮った写真が、冒頭の参考写真である。

ちょっとした工夫で、かわいいネコをよりかわいく撮影することが可能になる。決定的な一枚を撮るために、これらを参考にしてみてはいかがだろうか?

参考写真:村上未知

【参考リンク】
好きな写真の撮り方レシピ「カメラ目線のネコ」 – Enjoyニコン

取材・文/印南敦史