サライ.jp

長門湯本温泉

山口県で最も古い温泉といわれるのが萩の西に位置する長門市の湯本温泉です。湯本温泉の名は各地にあるため、長門湯本温泉の通称で知られています。

温泉の歴史は約600年前の室町時代、この地にある大寧(たいねい)寺の定庵禅師が住吉大明神からのお告げによって発見したと伝わり、源泉は今でも大寧寺の所有です。

浴場は二つに分かれ「礼湯(れいとう)」を武士や僧侶が使い、「恩湯(おんとう)」を庶民が使っていました。二つの浴場は公衆浴場として今もあり、もちろん現在はだれでも利用することができます。

恩湯は芝居小屋を彷彿させ、どこかほのぼのする趣きがあります。泉質は美肌効果があるアルカリ性単純温泉です。

温泉地を流れる音信(おとずれ)川。この川の名前は、藩主おかかえのお茶屋で働く湯女が口には出せぬ秘めた恋心を文にしたためて川に流したことから、名付けられました。

長門湯本温泉では恋心を短冊に書き、川に流す「恋短冊」が作られ、恋の伝説を受け継ぐ地ということで、「恋人の聖地」と選定されています。川のせせらぎに想い人を重ねてみてはいかがでしょうか。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア