最近、昔のことをボンヤリと思い浮かべる機会が多くなっています。若い頃にはなかったことであり、少々不思議な感じがしております。

昔のことを振り返るのは、年寄り臭くなった証拠とばかりに、意識して新しい事を始めみたりするのですが…反対に、昔のように付いていけいない自分に気づいてしまい「若い頃は、こんなことはなかったのに…」と余計に老いを感じてしまったりもします。

先日、実に興味深い記事を目にしました。「昔使っていたものや懐かしいものを見ると、生理学的に脳の血流が増える」というもの。「古い物、昔使っていた物にまつわる思い出話をすることが、認知症の予防効果に期待できる」というのであります。

その記事で取り上げられていたのが、名古屋の『昭和日常博物館』(https://www.city.kitanagoya.lg.jp/rekimin/)という施設で、実際に高齢者の認知症予防への取り組みが行われているとのことでした。

この記事が本当だとするならば、昔を思い出し懐かしむことは決して年寄り臭いことではないということになります。さらには、昨今、中高年の間で流行りに流行っている「古いものを処分する活動」は認知症を促進することになるのかも? と心配になった次第です。

何にしましても、この「懐かしき風景」が皆様の「思い出の情景や風景」を呼び起こすことに繋がり、「認知症予防」に如何ばかりかのお役にたてていただければ幸いでございます。

今回、動画の中でご紹介しておりますのは、岡山県津山市に残る小さな駅舎(美作滝尾駅)の風景です。

急激な過疎化が進んでいる地方都市において、鉄道を利用する人も少なくなっており、少々淋しい風景ではありますが、きっと、皆様の懐かしい風景と重ね合わせていただけるのではないでしょうか?

『男はつらいよ』の映画撮影場所と使用され・登録鉄道文化財に選定されている駅

急速な過疎化によって、その存続が危ぶまれている日本各地のローカル線。

岡山県の中央部に在る東津山駅から鳥取駅を結ぶ因美線は、全長約70KmのJR西日本管轄のローカル線の一つです。かつては、中国山地を縦断して山陰へ至る因美線は、津山線とともに山陽と山陰とを結ぶ、重要な交通路線として活躍した時代もありました。

しかし、今やその役目を高速道路などに奪われ利用者は減り続けているようで、ここにも過疎化の波が押し寄せていることを実感させられます。この因美線の特徴の一つが、今では懐かしい木造駅舎が多く残っていること。

美作滝尾駅の駅舎

今回「懐かしき風景」としてご紹介する美作滝尾駅の駅舎は、昭和3年(1928)に建てられたもので登録鉄道文化財(貴重な鉄道文化遺産として、良好な状態で保全管理することを目的に、平成20年からJR西日本が指定している事物のこと)にも選定されています。

そして、この駅を全国的に有名にしたのは、山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズ第48作『寅次郎紅の花』の撮影場所になったことからです。それも『寅次郎紅の花』は、渥美清さんの最後の主演作品となったこともあり、鉄道ファンのみならず、全国の渥美清・寅さんファンの方々がこの駅を訪れるそうです。

『男はつらいよ』の映画撮影地であったことを示す記念碑

また、春と秋には「みまさかスローライフ列車」なるものが運行され、その時には、この美作滝尾駅にかつての賑わいが戻るそうです。この駅の風景は、鉄道ファン、サライ世代の人たちにとっては、きっとかけがえのない故郷のような場所なのでしょうね。この駅に居る間中、不思議なくらいに心が和み、穏やかな気持ちになりました。

長閑な田園風景に溶け込む美作滝尾駅の駅舎

ここ数年、古い友人に会い昔を懐かしく語り合うことが容易にできなくなっています。心の平穏や余裕を失いかけていらっしゃるなら、是非とも機会をつくり、この駅を訪れてみてはいかがでしょうか。きっと、脳の血流が何倍にも増え、認知症予防効果が期待できると思いますよ。

記者のおすすめ宿泊施設や食べ物

◯おすすめの宿泊施設:ザ・シロヤマテラス津山別邸

鉄道ファンだけでなく、史跡巡りやお城ファンにとっても津山市は好適地です。1603年には、森蘭丸の弟の森忠政が18万6500石を拝領し入封。中世には山名氏が築城した鶴山城跡地に新たに築城し城下町を築いたのに合わせ、鶴山を津山へと改称しています。森家断絶後は、越前松平家が10万石で入封したとの歴史を有する津山。

そんな戦国時代からの歴史に浸ることのできる宿泊施設があるのでご紹介しましょう。津山には、今も津山藩二代目藩主であった森長継が、小堀遠州流の造園師を招いて築庭させた「衆楽園」という池泉回遊式の日本庭園が残っています。

その国の名勝でもある「衆楽園」をコンセプトとして設計されたのが、2019年2月開業の「ザ・シロヤマテラス津山別邸」。ホテル8階にある大浴場(露天風呂付き)から鶴山公園・津山城跡を観ながらの入浴は、ちょっとした殿様気分を味わいながら、史跡巡りの疲れを癒してくれるでしょう。また、夕食は鉄板で焼かれる地元美作牛のステーキをメインとした懐石コースは絶品です。サライ世代の舌を十分に満足させてくれるはずですよ。

一休.comでWeb予約

アクセス情報

所在地:岡山県津山市堀坂
鉄 道:JR西日本・因美線 美作滝尾駅
自動車:中国自動車道 津山ICより約10分

取材・動画・撮影/貝阿彌俊彦(京都メディアライン)
ナレーション/敬太郎
協力/津山市役所産業文化部観光振興課
京都メディアライン:https://kyotomedialine.com
Facebook:https://www.facebook.com/kyotomedialine/

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品