新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

北前船で栄えた発酵文化の地!新潟・沼垂(ぬったり)地区の2つの醸造所を訪ねる

「うまさぎっしり新潟」のキャッチフレーズで観光推進を展開している新潟県。多彩な表情を持つ新潟の、訪ねてみたい魅力的なスポットを、4回にわたりご紹介します。

第2回は、新潟駅から徒歩約15分で行ける、沼垂(ぬったり)という地区を訪ねます。

この一帯は、栗ノ木川(現・栗ノ木バイパス)の舟運(北前船)で栄えたエリア。西からは赤穂の塩が運ばれ、北からは大豆や麦が集まり、新潟の米と結びつき、古くから味噌や醤油、酒、納豆などの発酵食品の製造業が盛んでした。

それでは、発酵文化の地・沼垂の歴史の名残をとどめる2つの醸造所をご紹介しましょう。

■1:今代司酒造

1767年創業の「今代司酒造」。江戸時代の蔵を移築し、明治中期から本格操業を開始しました。500石という小さな蔵ながら、2006年からは全蔵純米造りで日本酒を醸しています。

堂々たる外観の酒蔵。

堂々たる外観の酒蔵。

趣のある蔵の中を、酒造りの工程や歴史の話を交えながら丁寧に案内してくれます。

2-3_s

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古い道具や懐かしい器械もある。

古い道具や懐かしい器械もある。

販売と試飲スペース。

販売と試飲スペース。

主な酒米は五百万石と越淡麗。看板商品の「天然水仕込み 純米酒」は食中酒にぴったりの、さらりとした口当たりのお酒で、「ロサンゼルス・インターナショナル・ワイン・コンペティション2014」で金賞を受賞しています。酒蔵見学のあとは無料試飲でその味を楽しんでください。

【今代司酒造】
新潟市中央区鏡が岡1-1
電話/025-245-3231
※見学はなるべく予約。

■2:峰村醸造

日露戦争が終結した年から味噌醸造を開始。大正時代に建てられた土蔵を和モダンな空間にリニューアルし、味噌や味噌漬け、調味料などを販売しています。

モダンな味噌蔵。

モダンな味噌蔵。

味噌の量り売りも。

味噌の量り売りも。

味噌の香りが漂う醸造所内の見学も可能で、しっかりとした味の越後味噌が出来上がる工程をうかがい知ることができます。また、味噌づくり体験なども行い、日本の伝統的な発酵の食文化を伝えています。

【峰村醸造】
新潟市中央区明石2-3-44
電話/025-250-5280
※見学は要予約。

次回は、新潟ワインコーストを形成する5軒のワイナリーを巡ります。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背脂ラーメンから農家レストランまで!バラエティ豊かな新潟の食を味…
  2. 新潟ワインコーストを巡る!風土を生かしたワインづくりを行う5軒の…
  3. 江戸以来の金属加工の技に脱帽!新潟・燕市のモノづくりの歴史を体感…
PAGE TOP