新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

北前船で栄えた発酵文化の地!新潟・沼垂(ぬったり)地区の2つの醸造所を訪ねる

「うまさぎっしり新潟」のキャッチフレーズで観光推進を展開している新潟県。多彩な表情を持つ新潟の、訪ねてみたい魅力的なスポットを、4回にわたりご紹介します。

第2回は、新潟駅から徒歩約15分で行ける、沼垂(ぬったり)という地区を訪ねます。

この一帯は、栗ノ木川(現・栗ノ木バイパス)の舟運(北前船)で栄えたエリア。西からは赤穂の塩が運ばれ、北からは大豆や麦が集まり、新潟の米と結びつき、古くから味噌や醤油、酒、納豆などの発酵食品の製造業が盛んでした。

それでは、発酵文化の地・沼垂の歴史の名残をとどめる2つの醸造所をご紹介しましょう。

■1:今代司酒造

1767年創業の「今代司酒造」。江戸時代の蔵を移築し、明治中期から本格操業を開始しました。500石という小さな蔵ながら、2006年からは全蔵純米造りで日本酒を醸しています。

堂々たる外観の酒蔵。

堂々たる外観の酒蔵。

趣のある蔵の中を、酒造りの工程や歴史の話を交えながら丁寧に案内してくれます。

2-3_s

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古い道具や懐かしい器械もある。

古い道具や懐かしい器械もある。

販売と試飲スペース。

販売と試飲スペース。

主な酒米は五百万石と越淡麗。看板商品の「天然水仕込み 純米酒」は食中酒にぴったりの、さらりとした口当たりのお酒で、「ロサンゼルス・インターナショナル・ワイン・コンペティション2014」で金賞を受賞しています。酒蔵見学のあとは無料試飲でその味を楽しんでください。

【今代司酒造】
新潟市中央区鏡が岡1-1
電話/025-245-3231
※見学はなるべく予約。

■2:峰村醸造

日露戦争が終結した年から味噌醸造を開始。大正時代に建てられた土蔵を和モダンな空間にリニューアルし、味噌や味噌漬け、調味料などを販売しています。

モダンな味噌蔵。

モダンな味噌蔵。

味噌の量り売りも。

味噌の量り売りも。

味噌の香りが漂う醸造所内の見学も可能で、しっかりとした味の越後味噌が出来上がる工程をうかがい知ることができます。また、味噌づくり体験なども行い、日本の伝統的な発酵の食文化を伝えています。

【峰村醸造】
新潟市中央区明石2-3-44
電話/025-250-5280
※見学は要予約。

次回は、新潟ワインコーストを形成する5軒のワイナリーを巡ります。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背脂ラーメンから農家レストランまで!バラエティ豊かな新潟の食を味…
  2. 新潟ワインコーストを巡る!風土を生かしたワインづくりを行う5軒の…
  3. 江戸以来の金属加工の技に脱帽!新潟・燕市のモノづくりの歴史を体感…
PAGE TOP