新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

料理レシピ

新米の季節に味わいたい!とっても簡単な「茸の炊き込みご飯」の作り方

「つや姫」と舞茸、シメジ、エリンギなどの炊き込みご飯。お焦げも楽しめるので、土鍋で炊くのがお薦めだ。

「つや姫」と舞茸、シメジ、エリンギなどの炊き込みご飯。お焦げも楽しめるので、土鍋で炊くのがお薦めだ。

新米の季節がやってきた。長年、「コシヒカリ」を愛食してきた筆者だが、近年は故郷・山形が開発した新品種「つや姫」を愛食している。デビューから7年目を迎え、認知度が高まってきているブランド米だ。

新品種の開発には時間がかかる。つや姫の育成が開始されたのは、平成10年。開発といっても、畑を観察し続け、毎年優れた苗だけを選抜していくという地道な作業だ。こうして、10万分の1の確率で生き残ったエリートが、新品種となったのである。

その特徴は、コシヒカリとの比較がわかりやすい。

親にはコシヒカリと、コシヒカリと同じ系譜の「亀の尾」が交配されているため、味の傾向は非常にコシヒカリに近い。しかし、コシヒカリよりも粒が大きい。そして、その大きさのばらつきが少なく、栽培しやすさや収穫量においても優位性があるという。食味の評価については好みとなるが、コシヒカリを上回る結果も出ている。

さて、そのように筆者が贔屓(ひいき)にするつや姫だが、今年も新米が届いた。そこで早速、茸(きのこ)の炊き込みご飯を炊いた。

じつは、『サライ』2008年3月号の「続・男の料理 基本のき」企画で紹介した、銀座の日本料理店『大野』の作り方が、筆者の定番。研いだ米2合に、水360ml、醤油大匙2、茸類(舞茸とシメジ各20g、椎茸4個)を適当にちぎって加えて炊飯するだけという、実に簡単な方法だ。

茸の旨みが出汁となる、非常に手軽で優れたレシピである。是非、お試しいただきたい。

写真・文/大沼聡子
※本記事は「まいにちサライ『食いしん坊の味手帖』」2013年11月11日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. たっぷり作って保存したい!自家製「イクラの醤油漬け」の作り方
  2. ブランド黒豆「丹波黒」の最高峰!「波部黒」(はべぐろ)とはどんな…
  3. 濃厚な旨みに打ちのめされる!「幻のエビ」と呼ばれる羅臼の「ブドウ…
PAGE TOP