新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

時代劇、勝手に応援し隊

  1. 藤沢周平『橋ものがたり』の舞台・江戸は橋だらけの“水の都”だった【時代劇、勝手に応援し隊 第九夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)徳川家康の入府によって開発されたフロンティア・江戸は、物流インフラを整備するために人工的に作られた水路が網の目のようにはりめぐらされた“水の都”だった。水路に架けられた橋は、その数およそ35…

  2. 稲垣吾郎の悪役ぶりがスゴイ!『十三人の刺客』と“斬り捨て御免”の真実【時代劇、勝手に応援し隊 第八夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)時代劇の“名悪役”と言えば?と聞かれて、まず思い浮…

  3. 飯テロ時代劇!ドラマ『みをつくし料理帖』が描く江戸のリアル【時代劇、勝手に応援し隊 第七夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)NHKの土曜ドラマ『みをつくし料理帖』が面白い。主…

  4. 将軍様がアレにつき!武士が家計簿をつけるようになった意外すぎる要因とは【時代劇、勝手に応援し隊 第六夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)最近チャンバラがない(あっても目玉ではない)時代劇…

  5. 超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)宝塚歌劇団で4月から『幕末太陽傳』の舞台が始まるが、原作は…

  6. 井伊直虎だけじゃない!戦国時代の女性は思いのほかたくましかった【時代劇、勝手に応援し隊 第四夜】

  7. 吉右衛門版「鬼平ロス」の諸兄に朗報!アニメ版「鬼平」がすこぶる面白い件【時代劇、勝手に応援し隊 第三夜】

  8. 知られざる存在!江戸のお巡りさん“新徴組”はもう一つの新選組だった【時代劇、勝手に応援し隊 第二夜】

  9. 家康サイコー!大河ドラマ「真田丸」徳川家康の描き方にあえて物申す【時代劇、勝手に応援し隊 第一夜】

PAGE TOP