新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

時代劇、勝手に応援し隊

  1. 藤沢周平『橋ものがたり』の舞台・江戸は橋だらけの“水の都”だった【時代劇、勝手に応援し隊 第九夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)徳川家康の入府によって開発されたフロンティア・江戸は、物流インフラを整備するために人工的に作られた水路が網の目のようにはりめぐらされた“水の都”だった。水路に架けられた橋は、その数およそ35…

  2. 稲垣吾郎の悪役ぶりがスゴイ!『十三人の刺客』と“斬り捨て御免”の真実【時代劇、勝手に応援し隊 第八夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)時代劇の“名悪役”と言えば?と聞かれて、まず思い浮…

  3. 飯テロ時代劇!ドラマ『みをつくし料理帖』が描く江戸のリアル【時代劇、勝手に応援し隊 第七夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)NHKの土曜ドラマ『みをつくし料理帖』が面白い。主…

  4. 将軍様がアレにつき!武士が家計簿をつけるようになった意外すぎる要因とは【時代劇、勝手に応援し隊 第六夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)最近チャンバラがない(あっても目玉ではない)時代劇…

  5. 超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)宝塚歌劇団で4月から『幕末太陽傳』の舞台が始まるが、原作は…

  6. 井伊直虎だけじゃない!戦国時代の女性は思いのほかたくましかった【時代劇、勝手に応援し隊 第四夜】

  7. 吉右衛門版「鬼平ロス」の諸兄に朗報!アニメ版「鬼平」がすこぶる面白い件【時代劇、勝手に応援し隊 第三夜】

  8. 知られざる存在!江戸のお巡りさん“新徴組”はもう一つの新選組だった【時代劇、勝手に応援し隊 第二夜】

  9. 家康サイコー!大河ドラマ「真田丸」徳川家康の描き方にあえて物申す【時代劇、勝手に応援し隊 第一夜】

PAGE TOP