新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

シニアのための発想術

  1. 目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 第11回】

    文/鈴木隆祐都心部の電車の駅間は大体1km程度。歩けば20分前後というところか。しかし、東京メトロ丸ノ内線の新宿~新宿三丁目駅はたった300m、日比谷線の日比谷駅~銀座駅間と銀座駅~東銀座駅間もそれぞれ400mしかない。…

  2. 神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大人のための発想術 第10回】

    文/鈴木隆祐1930年代、アメリカにロバート・ジョンソンというミシシッピ州出身の夭折…

  3. カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な教訓【大人のための発想術 第9回】

    文/鈴木隆祐イソップ童話の代表作『ウサギとカメ』を知らない人はいないはずだ。ウサギが…

  4. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えてみる【大人のための発想術 第8回】

    文・構成/鈴木隆祐70年代から80年代にかけて『霊感ヤマカン第六感』(朝日放送系)と…

  5. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる【大人のための発想術 第7回】

    文・構成/鈴木隆祐そもそも料理の味というのは、舌の上だけで感じるものではない。…

  6. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能【大人のための発想術 第6回】

  7. ふわふわもプチプチ潰しも肉球ぷにぷにも!「触覚の快楽」が創造性を導く【大人のための発想術 第5回】

  8. 感受性を高める簡単な方法!名曲に勝手にタイトルを付けてみる【大人のための発想術 第4回】

  9. 老いてますます視野は広く!トンボの眼に学ぶ「複眼思考」のススメ【大人のための発想術 第3回】

  10. カントもディケンズも!散歩を愛した偉人たちに学ぶ「散歩の効能」【大人のための発想術 第2回】

  11. これは何と読むでしょう?「漢字」は自由に楽しめるオトナの知的遊具【大人のための発想術 第1回】

PAGE TOP