新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

シニアのための発想術

  1. 目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 第11回】

    文/鈴木隆祐都心部の電車の駅間は大体1km程度。歩けば20分前後というところか。しかし、東京メトロ丸ノ内線の新宿~新宿三丁目駅はたった300m、日比谷線の日比谷駅~銀座駅間と銀座駅~東銀座駅間もそれぞれ400mしかない。…

  2. 神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大人のための発想術 第10回】

    文/鈴木隆祐1930年代、アメリカにロバート・ジョンソンというミシシッピ州出身の夭折…

  3. カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な教訓【大人のための発想術 第9回】

    文/鈴木隆祐イソップ童話の代表作『ウサギとカメ』を知らない人はいないはずだ。ウサギが…

  4. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えてみる【大人のための発想術 第8回】

    文・構成/鈴木隆祐70年代から80年代にかけて『霊感ヤマカン第六感』(朝日放送系)と…

  5. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる【大人のための発想術 第7回】

    文・構成/鈴木隆祐そもそも料理の味というのは、舌の上だけで感じるものではない。…

  6. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能【大人のための発想術 第6回】

  7. ふわふわもプチプチ潰しも肉球ぷにぷにも!「触覚の快楽」が創造性を導く【大人のための発想術 第5回】

  8. 感受性を高める簡単な方法!名曲に勝手にタイトルを付けてみる【大人のための発想術 第4回】

  9. 老いてますます視野は広く!トンボの眼に学ぶ「複眼思考」のススメ【大人のための発想術 第3回】

  10. カントもディケンズも!散歩を愛した偉人たちに学ぶ「散歩の効能」【大人のための発想術 第2回】

  11. これは何と読むでしょう?「漢字」は自由に楽しめるオトナの知的遊具【大人のための発想術 第1回】

PAGE TOP