新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

シニアのための発想術

  1. 目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 第11回】

    文/鈴木隆祐都心部の電車の駅間は大体1km程度。歩けば20分前後というところか。しかし、東京メトロ丸ノ内線の新宿~新宿三丁目駅はたった300m、日比谷線の日比谷駅~銀座駅間と銀座駅~東銀座駅間もそれぞれ400mしかない。…

  2. 神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大人のための発想術 第10回】

    文/鈴木隆祐1930年代、アメリカにロバート・ジョンソンというミシシッピ州出身の夭折…

  3. カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な教訓【大人のための発想術 第9回】

    文/鈴木隆祐イソップ童話の代表作『ウサギとカメ』を知らない人はいないはずだ。ウサギが…

  4. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えてみる【大人のための発想術 第8回】

    文・構成/鈴木隆祐70年代から80年代にかけて『霊感ヤマカン第六感』(朝日放送系)と…

  5. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる【大人のための発想術 第7回】

    文・構成/鈴木隆祐そもそも料理の味というのは、舌の上だけで感じるものではない。…

  6. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能【大人のための発想術 第6回】

  7. ふわふわもプチプチ潰しも肉球ぷにぷにも!「触覚の快楽」が創造性を導く【大人のための発想術 第5回】

  8. 感受性を高める簡単な方法!名曲に勝手にタイトルを付けてみる【大人のための発想術 第4回】

  9. 老いてますます視野は広く!トンボの眼に学ぶ「複眼思考」のススメ【大人のための発想術 第3回】

  10. カントもディケンズも!散歩を愛した偉人たちに学ぶ「散歩の効能」【大人のための発想術 第2回】

  11. これは何と読むでしょう?「漢字」は自由に楽しめるオトナの知的遊具【大人のための発想術 第1回】

PAGE TOP