新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

目的の一駅前で下りてみることの意外な脳活効果とは【大人の発想術 第11回】

文/鈴木隆祐

都心部の電車の駅間は大体1km程度。歩けば20分前後というところか。しかし、東京メトロ丸ノ内線の新宿~新宿三丁目駅はたった300m、日比谷線の日比谷駅~銀座駅間と銀座駅~東銀座駅間もそれぞれ400mしかない。

それぐらいであれば、目的駅の一つ手前で下りて、そして、歩いてみよう。健康のためによいこともむろんだが、これがなかなか有効な“脳活”になるのだ。

■ちょっとした旅気分を味わいつつ、気軽に自分をリセット

一瞬、見慣れない光景が広がり戸惑うかもしれないが、知らない道を歩いているだけで、どこか得をした気分にもなるだろう。要はちょっとした旅気分を味わいつつ、気軽に自分をリセットできるのだ。

朝のうちなら、気まぐれに常連で賑わう喫茶店に入り、モーニングセットを食べたり、いつもは手に取らない新聞を手に取ってみたりする。そんなことで不思議と新鮮な視点が得られるものだ。

できれば、チェーンでない個人経営の喫茶店がいい。都心部にだって、そんな店がまだまだある。そして、それぞれに豊かな表情を持っている。

そこでの人間観察も有益だ。朝の一服をしている常連客が醸す和気藹々とした雰囲気には和まされると同時に、彼らの会話に耳を傾ければ、自分の関心事とはまるで違う話題に驚くことだろう。ただニュースを見ているだけではわからなかった出来事が、その解説や分析を通じて腑に落ちる場合だってある。

耳に入った知らない単語が気になったら、今ならその場でスマホで調べてみればいい。漫然とテレビを見るよりよほどためになる。かつて松任谷由実は、よくお忍びで渋谷などの喫茶店に通い、女子高生のお喋りに耳をそばだて、歌詞の参考にしたというが、なるほどと思わされる。

この手法で盛り場なども明るいうちに歩くと、「へー、こんな所に新しいバルができたんだ、今度女房と来てみよう」などと、夜には見えなかった発見がある。いつもと違う情景に身を置き、仕事や趣味のプランを考えていると、不意にこれまでにない発想も沸いてくる。

■時間に余裕のできた世代ならではの楽しみにも

散歩番組全盛でも、そこにはつねに目的がある。番組に追随して出かけても、事前の情報の刷り込みがあるぶん、さして刺激を感じない。ネットであらかじめ調べて出かけるのも同じことだ。

だったら、どこかに出かける場合には、一駅手前で間に合うだけの時間に余裕をもって出かければよいだけだ。そうすれば、決まりきった日常から簡単に抜け出せるのだ。

歳を重ねて、時間の縛りから脱することができた以上、すこしでもその余裕を行動的に使いたいものである。時間に余裕のできたサライ世代ならではの、密かな楽しみともいえる。

文/鈴木隆祐
監修/前刀禎明

【参考図書】
『とらわれない発想法 あなたの中に眠っているアイデアが目を覚ます』
(前刀禎明・著、鈴木隆祐・監修、本体1600円+税、日本実業出版社)
http://www.njg.co.jp/book/9784534054609/

51e2cSbHlYL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 神と悪魔が交錯する岐路!スクランブル交叉点で五感を研ぎ澄ます【大…
  2. カメはこう答えるべきだった!イソップ童話「ウサギとカメ」の大人な…
  3. 霊感やひらめきをきっちり捕捉!「直感千本ノック」で第六感を鍛えて…
  4. 理系出身者ほど料理にハマる!作る側に立てば料理はより深く味わえる…
  5. 悪臭も創造の母になる!? 想像力や感情を刺激する「ニオイ」の効能…
PAGE TOP