新着記事

ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

取材・文/池田充枝2016年、国立西洋美術館がユネスコ世界文化遺産に登録されました。…

招き猫の形に仕上がった金花糖 江戸時代生まれの伝統菓子「金花糖」|都内でただ一人、製造・伝承する菓子職人

文/鈴木拓也「金花糖」(きんかとう)という名の、古くから伝承されてきた砂糖菓子がある。作り方…

素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 胸がきゅんとした!素敵な殿方の運転【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美過去に何度も女性系の各種メディアで作ってきた企画がある。それは「胸がきゅんとした…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

写真・文/矢崎海里和食の基本、「だし」。今はだしパックや顆粒調味料で手軽に使…

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット

ゆったりと平穏な日々を過ごすためには、自分なりのストレス解消法を持つのが一番だ。1日の疲れを…

【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】

自由に気ままに生きる動物――そう思われてきた猫。ところが最新の研究では、どうもいろいろと様子…

造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

大和の靴づくりの技術と日本の伝統皮革・鹿革が出会って完成した、メイド・イン・ナラのディアスキ…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

クルーズ

  1. 【『クイーン・エリザベス』世界一周クルーズ】第4回 パナマ運河を越え、太平洋でチョコレート祭り

    『クイーン・エリザベス』2014年世界一周ハイライトの一つは、パナマ運河とスエズ運河という世界2大運河を両方通過すること。2つの運河のうち先に完成したのはスエズ運河で、フランスの外交官フェルデナンド・レセップスにより開削され、エジプトの…

  2. 【『クイーン・エリザベス』世界一周クルーズ】第3回 カリブ海のナマケモノとスコットランド詩人バーンズを称える夜

    ニューヨークを出港した『クイーン・エリザベス』は、1月21日米国フロリダ州の都市フォートローダデ…

PAGE TOP