新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

アイケア

  1. 衰えると事故につながやすい「動体視力」を高める3つの簡単トレーニング

    加齢とともに衰えを大きく実感する目のはたらきのひとつに動体視力があります。動体視力は向かってくるものや目の前を横切るものを見極めたりする能力ですが、動体視力が弱まると、運転時に標識を見落としたり、動いている情報を把握すること…

  2. 1日5分で目の老化ストップ!目のはたらきを回復する「基本体操」

    視力だけでなく、物を正確に見る力や瞬時に見極める力など、目のはたらきは多様。この目の…

  3. 眼精疲労を防ぐ「目のピント機能」老化度かんたん診断

    前回の記事「片目だけに負担をかけるのは危険!実は普段気づきにくいクセが目を悪くする」では、目…

  4. 片目だけに負担をかけるのは危険!気づきにくいクセが目を悪くする

    前回の記事「実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリスト」では、目の…

  5. 実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリスト

    視力1.5なら目がいい人、0.1なら悪い人と一般的には考えますよね。しかし、実はそう…

  6. 現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

PAGE TOP