サライ.jp

のれん 宵の桜

柔らかく光を通し、生活の場所を区切りながらつなぐのれんは、日本が生んだ暮らしの知恵だ。

列島の南から花の便りが聞こえてくる頃になった。待ちわびた春の到来とともに、美しいのれんが届いた。本品を手がけた万葉舎は、京都を拠点とする手作りのれんの工房だ。手織りの麻生地に職人が筆で絵付けした製品は、多くのファンを惹きつけている。

ざっくりと織られた麻生地は工房で下塗りと染めが施され、風合いのある“キャンバス”に生まれ変わる。そこに一筆一筆、絵付け職人により月明かりに浮かぶ山桜が描かれていく。春の宵の空気を感じる絵柄であり、凜とした香りすら漂ってくる。

廊下と食卓を結ぶ入口などに掛けておくと、桜が光に透けてはっとするほど美しい。手描きののれんは、季節の光景を家に取り込む粋な仕掛けなのである。

のれん 宵の桜

桜の花びらは金と銀の顔料が微妙なバランスで配合される。花弁の中央に落とされた朱が、花のあでやかさを際立たせている。

【今日の逸品】
のれん 宵の桜

万葉舎(日本)
22,000円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア