新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

尾戸焼の酒器セット

写真=徳利とぐい呑み2個セット
かつて風流人が使っていた舟徳利は揺れやすい船の上でも安定するように底が平らになっている。どっしりした形はどこか愛らしい。

尾戸焼は約350年前、土佐藩の藩窯に創始した。江戸時代には四国・土佐の国焼きとして広く知れ渡ったが、明治に入って藩の力が収束するとともに、その技は民営のいくつかの窯に引き継がれることとなった。今もその伝統を受け継いでいるのが高知市内の能茶山に窯を構える谷製陶所である。

「家の隣に工房があって、子供のころから焼きものが身近にありました」と話す5代目当主の谷 信一郎氏は、中学時代から陶芸に触れ、今ではこの道35年以上。親子二代で高知県認定「土佐の匠」との称号を得た名工だ。

白土で作陶する徳利とぐい呑みは、薄鼠色の肌に呉須という青藍色の顔料で絵柄を描く。陶肌に浮き立つ草花の絵柄は、工房のある能茶山の草花を摘み、手本にして描かれる。陶肌に桃色の窯変が現れるのも特徴で、ひとつひとつ表情が変わりおもしろい。

今回紹介する徳利は底が平らでどっしりとした「舟徳利」で、釣り人が揺れる船の上でもこぼさず酒を飲むために作られたとされる。ちびちび飲むのによい1合サイズだ。

赤茶の陶肌に白と青が淡く色づく、底が独楽のように尖る「べく杯」は、酒を飲み干すまで卓に置けない。まさに酒を愛する土佐ならではの酒器だ。

南国・土佐の杯で一献どうぞ。

尾戸焼の酒器セット

写真=徳利とべく杯2個セット
呑兵衛の多さで知られる土佐ならではの伝統酒器「べく杯」とのセット。徳利の穏やかな絵柄は4代目の匠・谷安雄さんの作。

【今日の逸品】
尾戸焼の酒器セット

谷製陶所
6,480円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採…
  2. 酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器
  3. 体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バラン…
  4. 酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った…
  5. バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色…
PAGE TOP