新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

川連漆器の燻椀・東福寺椀|東北の小さな町で生まれた美しき塗り椀

川連漆器の燻椀・東福寺椀

左から黒、朱
東福寺椀は、川連の古書に名が残る高台が高めのご当地椀。大きめの作りで、お雑煮や具沢山のみそ汁にも。

秋田県川連。そこは山と山に挟まれた、半径2kmの小さな町だ。この地で木地作り、下地から塗り、沈金や蒔絵と、そのすべての工程を完結させるのが、名高い川連漆器である。

主に奥羽山脈の原木から木地を挽き、煮沸して木渋を取り除いたあと、廃材を利用した循環方式により1か月間、燻煙しながら乾燥させる。「いぶりがっこ」のように、秋田はなんでも燻す土地と言われるが、ゆっくり燻しながら木地を乾燥させることで木質を強くし、防腐や防虫などの効果もあるという。こうしてできた「燻椀」は、軽くて丈夫、断熱性と保温性に優れ、実用性に富んだ器になる。
「漆器を使うことは、お椀を育てると言い、日々使うことで漆は艶が出てより丈夫な器となります。使用後はすぐ洗い、乾いたやわらかい布で水気をとる。しまいこまずに毎日使っていただきたいふだん使いのお椀です」とは秋田県漆器工業協同組合の佐藤善六氏。

味噌汁や雑煮を注ぐ汁椀として、またご飯をよそう飯椀として、長きにわたり使うことで美しさを増していく川連の燻椀。そんな、使われて喜ぶお椀たちとの毎日を楽しんでほしい。

川連漆器の燻椀・東福寺椀

原木から荒挽きしたものを燻煙で乾燥させて木地に仕上げ、しっかりとした下地を施し、漆を塗っては研ぐ工程を繰り返す。そして最後は「花塗」で仕上げる。仕上げに研ぐことはせず、平滑に漆を塗るという高度な技術を要する。

【今日の逸品】
川連漆器の燻椀・東福寺椀

秋田県漆器工業協同組合
7,020円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いて…
  2. この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出
  3. ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ
  4. あおげば涼やか!日本の伝統を感じる本格的な麻のうちわ
  5. 夏の冷酒はこれでキリッとやりたい!ガラス製の角ちろりと酒杯
PAGE TOP