新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

究極の柔らかストール|空気をまとったような極上の着け心地!

究極の風合いの柔らかストール

左から黒×薄ブルー、ライトグレー
蚊帳織物から始まった老舗の織物会社が開発した、軽く優しい肌ざわりのストール。

この季節に欠かせないのがストールだ。マフラー代わりに使うこともできるし、紳士のファッション・アイテムとしても人気が高い。普段着にストールを合わせるだけで、おしゃれのポイントが上がる。

数あるストールの中で当品を選んだのは、驚くほどの柔らかな風合いにある。最新型の織機で織られた生地は軽く優しい肌ざわりで、長時間着けていても疲れない。

製造元は、明治44年(1911)創業の笹田織物(奈良県)だ。“100年企業”から生まれた「柔らかストール」の心地よさを、ぜひ体感していただきたい。

究極の風合いの柔らかストール

写真=黒
セーターやシャツに合わせれば、個性が引き立つ。巻き方をいろいろ工夫して、ストールのおしゃれを楽しみたい。

【今日の逸品】
究極の風合いの柔らかストール

笹田織物(日本)
8,640円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. けやきのけん玉|本格的な競技用けん玉で脳と全身を鍛える
  2. シルクの極上掛け毛布|滑らかな肌ざわりで優しい暖かさが続く
  3. ブレスサーモ デラックスウォーム|発熱肌着の先駆けブレスサーモの…
  4. 備前焼の2合徳利と広口ぐい呑みセット|素朴で味わい深い日用使いの…
  5. マスクをかけてもくもりにくい読書眼鏡|眼鏡の曇りを抑えて視界鮮明…
PAGE TOP