新着記事

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ プロヴァンス風

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの帽子

自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年…

5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?

文・写真/りんみゆき(海外書き人クラブ/香港在住ライター)風水を日常生活の一部として取り入れ…

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

テニスボールで腰ほぐれる!5分でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第4回】

文/川口陽海こんにちは!腰痛トレーニング研究所の川口陽海です。腰…

今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10

山々や木々が色づく、紅葉の季節がやってくる。そろそろ今年の紅葉狩りはどこへ行くか、計画を立て始める頃…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

岡山デニムのフラップショルダーバッグ|日帰り旅行にも活躍する万能バッグ

岡山デニムのフラップショルダーバッグ

国産ジーンズ発祥の地、定評のある岡山県産のデニムを使ったシンプルな作り。本誌『サライ』(ほぼA4判)が余裕で入る大きさで、フラップ(上蓋)を上げると、主室と前面のポケットが現れる。

どこか昔の帆はん布ぷの通学鞄を彷彿とさせるスタイルで、大きなフラップが雨や埃から中身を守り、防犯の役目も果たす。容量もたっぷりで、主室にはファスナーポケットや仕分けポケットを備えるので、小物類もきれいに収まる。

斜め掛けにすると、デニムの生地が体にフィットして動きやすい。街歩きだけでなく、日帰り旅行や旅先のサブバッグとしても役立つ万能型だ。

素材のデニムは、ジーンズと同じように、長く使ううちに色や風合いが変化を見せ、持ち主だけの味わいを醸していくだろう。

岡山デニムのフラップショルダーバッグ

斜め掛けにして軽快に街歩きをしたい。本体に高さがあるので、雑誌や書類も余裕で入る。ショルダーベルトの長さは70~130cm。

【今日の逸品】
岡山デニムのフラップショルダーバッグ

ブリティッシュグリーン(日本)
15,120円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの…
  2. 帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッ…
  3. ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル
  4. 本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”…
  5. 綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣
PAGE TOP