新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

「お盆玉」「ランドセル」「海外旅行」今どきシニアは孫にいくら使う?

夏休み、真っ只中。長期休暇を利用して、孫が遊びに来るという方も多いだろう。成長した孫の姿を見られる喜びを感じる一方で、最近はお年玉ならぬ「お盆玉」という風習が定着しつつあり、祖父母の金銭的負担は増す傾向にある。

今回はあおぞら銀行が全国の55~74歳の男女約2000名を対象に行なった「シニアのリアル調査」を参考に、シニア世代の孫消費の現状について紹介する。

「お盆玉」の認知度は約4割。2年前の2倍以上!

「お盆玉」とは、お盆の時期に子どもや孫にあげるお小遣いのこと。最近では、郵便局などでも、お盆玉のポチ袋が販売されている。
「お盆玉」という言葉を知っているかの質問に「知っている」と答えたのは37.2%(男性32.2%/女性42.0%)。前年より8.3ポイント増加した。2年前と比較すると2倍以上の伸び率があることから、お盆玉が徐々に広がりをみせていることがわかる。

「お盆玉」の平均額は5800円。関東の方が関西に比べて500円高い

今年「お盆玉」をあげる予定の人は33.5%と、前年から1.9ポイントアップ。いくらあげる予定かたずねたところ、その平均金額は5800円だった。金額の分布を見ると、前年同様「5千円~1万円未満」が37.7%と最も多いが、一方で「1万円~1.5万円未満」は前年より5.7ポイント増加している。今は5000円代が平均だが、今後は徐々に高くなるかもしれない。

また、関東と関西を比べると、いずれも前年と同額で、関東が関西より500円高いという興味深いデータもでている。

なんと!半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担

 

「帰省してくる子や孫がいる」と答えた人のうち、子や孫が帰省する時に交通費を負担している「負担派」シニアは47.1%。約半数が負担しているという結果となった。

帰省の交通費「負担派シニア」の平均は3万100円

「負担派」はいくら払っているのか、見てみよう。

「負担派」はシニアひとりあたり、子や孫が帰省する時に負担している交通費の平均は3万100円。2016年をピークに減少傾向にあるが、それでも3万円超え。なかなかの金額である。

男女別では、男性シニアの平均が2万8700円に対し、女性シニアは3万1300円と、女性シニアの方が男性よりも平均で2,600円多く負担しているようだ。

交通費以外にも。食事、おもちゃなど帰省中の支援額は平均4万4500円

金銭援助は交通費だけではない。子や孫の帰省時に使う予算(交通費以外)の平均は4万4500円。食事、おもちゃ、テーマ―パークの入場券など、目的はさまざまだろう。男女別でみると、女性シニアの平均金額は5万円に迫る勢いなので、帰省中の子や孫への負担を惜しまない!という方も多いようだ。

孫のために買ったもの1位「節句の人形」2位「ランドセル」3位「自転車」

孫がいるシニアに、過去、孫のために購入したことのあるものを聞いたところ、1位「節句の人形」が53.0%で最も多かった。次いで「ランドセル」46.3%、「自転車」30.5%、「七五三」30.1%、「入学金」28.9%と続いた。いずれも孫の行事や節目には、シニアの支援が根強いことがわかった。

平均購入金額では「節句の人形」9万3400円、「ランドセル」5万800円、「自転車」3万100円。最も高額だったのは「マンション・家(頭金・一部負担含む)」で494万200円だった。

.子や孫と一緒の海外旅行に平均49万円

 

海外旅行の費用について一緒に行く相手をタイプ別に聞いたところ、その平均金額は「子供や孫との旅」が49万2900円と最も高かった。次いで「夫婦だけの旅」39万6900円、「友人との旅」20万7000円、「一人旅」19万8600円だった。
慣れない海外旅行は子や孫と、という方も多いのかもしれない。

孫のかわいさに、つい財布の紐が緩んでしまうシニアも多いようだ。とはいえ、負担が大きくなり、自分の生活が困窮しては本末転倒。いつまでも元気に子や孫と過ごすためにも、自分がサポートできる範囲でほどほどに!

参考/あおぞら銀行「シニアのリアル調査」2018

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP