2019年、100歳で世を去った日本画家の堀文子さん。新作を目にすることはもう叶わないが、堀さんの生き方や残された絵は、今もなお、感動を与えてくれる。

堀さんは、自身の年齢を気にすることなく、常に新しいことに挑戦し続けた。「命といふもの」の連載もそのひとつだ。本誌『サライ』にて連載を始めたのは、86歳の時のことである。

自身の絵に、折々の思いを言葉として添える。編集部は当初、これまで描いた絵に文章を付けることを想定したが、堀さんは断った。《今まで、心にしみていながら絵にしなかったものが、私には山ほどある。それをこの小さな舞台に引き出すことにしよう》(『堀文子画文集 命といふもの第1集』)

今まで誰も描かなかった絵を描きたい。堀さんのその思いが結実したのが、この連載だった。ここには新鮮な驚きがある。「これを機会に、どこにも描けなかったテーマに向き合いたい」と、一作ごとに熱中した。

今回、特別に連載のために描かれた一点ものの日本画の原画や、珠玉の作品の複製版画を購入することができる。ぜひ堪能していただきたい。

日本画家 堀 文子(ほり ふみこ)

1918年、東京・麹町区(現・千代田区平河町)生まれ。女子美術専門学校(現・女子美術大学)卒業。海外を放浪し、帰国後に神奈川県大磯に居を構える。2004年より亡くなる2019年まで、『サライ』にて「命といふもの」を連載。享年100。

『檜扇水仙』額装

『檜扇水仙』額装

梅雨明けの暑い時季に、橙色の鮮やかな花を咲かせる檜扇水仙。本作は「名もなきもの」シリーズの代表作のひとつ。
2013年

今回、堀文子さんが描いた日本画(原画)だけでなく、版画作品もご紹介する。これらは小学館メタバース「S-PACE」内に設けられた「サライ美術館」に展示されている。展覧会のように鑑賞でき、俳優の檀ふみさんの音声ガイドが聴けるほか、展示作品を購入することもできる。

メタバースとはインターネット内の仮想空間のこと。小学館が運営するメタバースを「S-PACE」(https://s-pace.land)と名付けた。参加は無料で、アプリも必要なく、スマートフォンやパソコンから誰でも利用できる。

【今日の逸品】
『檜扇水仙』額装

ナカジマアート
198,000円(消費税込み)

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店