プロテカ フリーウォーカーGL スーツケース

右から時計回りに、ブラック、ロイヤルブルー、ダークシルバー
期間内で何度でも無償修理が受けられる「3年保証」が付く。通常使用の破損に加え、航空会社による破損も保証対象。

人が動くことは、荷物が動くことでもある。いかに効率よく荷物を収め、使いやすく快適に移動できる「容れ物」を作るか。それが、カバン(バッグ)メーカーの変わらぬ命題といえる。

近代以降、交通手段の発達とともに、カバンやトランクは形を変え、素材を変え、進化を続けてきた。その「最適の手段」を、駅や空港などで行き交う大小のスーツケースに見ることができる。キャスターと伸縮するハンドルが付いたスーツケースは、今や旅に欠かせないものだ。数泊分の着替えや土産物が入り、重くても楽に運べるので体の負担は大幅に減る。

エースは、日本でいち早く1967年に『デボネア』というスーツケースを発売したメーカーである。当時キャスターは付いていなかったが、1970年代にキャスター付きが発売される。「システムバー」と呼ばれる伸縮ハンドルが同社製品に付いたのは、1994年なので、現在のような形になったのは古いことではない。

「斜め引き」で安全に配慮

ここで紹介するのは、エースの「プロテカ」ブランドの『フリーウォーカーGL』である。サイズは、1~2泊の旅行に向く「機内持ち込みサイズ」を選んだ。このサイズのスーツケースがひとつあれば、国内旅行で重宝する。
「プロテカ」は、同社のスーツケースのなかで最上級に属するブランドだ。生産は北海道の赤平工場(エースラゲージ赤平工場)で一貫生産される。工場には設計部門があり樹脂板の製造から、成形、組み立て、仕上げ、出荷まで行なう。つまり原材料がスーツケースの形を成すまで、赤平工場で完結しているということだ。そこではベテランの職人による、手作りに近い組み上げがなされていく。
『フリーウォーカーGL』はハンドルの形状を刷新することで、スーツケースの走行に「斜め引き」という新しい機能を加えた新製品だ。スーツケースの引き方は、体の後ろで引っ張る「横引き」、体の脇に立てて移動する「縦引き」があるが「斜め引き」は、その中間となる引き方である。

斜め引きは、スペースを取らないので、安全に移動ができる。コンコースの曲がり角などで、人の後からスーツケースが突然現れて驚くことがあるが、斜め引きであれば荷物と接触する危険性は減る。斜め引きは、機動力に優れた横引きと安全性の高い縦引きの「いいとこ取り」ともいえる。

また、「プロテカ」シリーズで定評のある「ベアロンキャスター」を搭載。キャスターの機構にベアリングを内蔵し、タイヤの素材配合を工夫して滑らかで静かな走行を実現させた。ホテルの絨毯や石畳などでも、力強く快適な走行が可能だ。ボディもABS樹脂とポリカーボネートを独自配合した強靱な構造をもつ。製品に3年間の保証が付けてあるのは「そうそう簡単には壊れませんよ」というメーカーの自信の現れでもある。

旅には出たいが、重い荷物を持っての移動が億劫と思う読者は、スーツケースの見直しをするのも一考だ。周囲の安全にも配慮した使い心地のいいスーツケースで、気持ちよく旅を続けたい。

プロテカ フリーウォーカーGL スーツケース

体に寄せて引く「斜め引き」は、「横引き」に比べ移動中のスペースを取らないので、接触事故などの危険度を減らすことができる。

【今日の逸品】
プロテカ フリーウォーカーGL スーツケース

エース(日本)
71,500円(消費税込み)

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店