料理が傷まないために、気をつけたいこと

桜を愛でながら食す花見弁当は、なんとも味わい深い。自分で花見弁当を作る場合、せっかく作った料理が傷まないようにするために、いくつか気をつけたいことがある。

まず注意したいのは、料理にはしっかりと火を通すこと。作り置きしておいた料理も、当日に再加熱する。そして容器に詰めたら、完全に冷ましてから蓋をする。温かいまま蓋をすると容器内に水滴がついて、料理を傷める恐れがあるからだ。煮物なども汁気を飛ばし、極力水分を減らす。

素手で触れないようにする

さらに容器に料理を入れる時は、菜箸や調理用手袋などを使って、素手で触れないようにする。お握りを結ぶ場合も、ラップでご飯を包んでから、形を整えたほうがよい。

お弁当は作ってから食すまでに間があくので、衛生的に作ることが肝心だ。
また、桜の季節は急に気温が上がって、ポカポカ陽気になる日もあるので、そんな時は容器の上に保冷剤を置き、保冷できるバックに入れたほうがよい。

文/諸井里見

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店