山中漆器の大きな盛皿

写真=赤すり漆
加賀の山中地方は、全国から木地師や塗師が集まり江戸時代より漆器の産地として発展した。当品は高級材の栓を熟練の職人が木地挽きし、丁寧に漆を重ねて木目の美しい盛り皿に仕上げた。

450年の歴史を誇る山中漆器(石川県加賀市)の大振りの盛り皿である。漆器の特長は丈夫さと軽さだ。本品はとりわけ軽く、直径約27cmの大判だが、指先で持ち上げられるほど。その扱いやすさが漆器の魅力だ。使い道も多様、料理や果物などを盛れば、豪華で楽しい食卓の主役になる。

山中漆器の大きな盛皿

ちらし寿司が食卓で映える。大皿料理やサラダ、海鮮、果物などの盛り皿として多用途に活躍する。陶器に比べ圧倒的に軽く、取り扱いも楽だ。

【今日の逸品】
山中漆器の大きな盛皿

小原文平漆器店(日本)
11,000円(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品