浅草・箱長 桐のパンケース

木目込みの技法が施された端正な外観。木目込みとは、木地に切り込みを入れ、その溝に着物の端切れを差し込む装飾技法。 

パンは生鮮品といわれる。時間が経つほどに乾燥し風味が落ちる。そこで注目したいのが桐製のパンケースだ。桐は調湿や防カビ効果を持つゆえ、パンの保存にはうってつけの材なのだ。

手がけたのは、東京・浅草の桐工芸品メーカーの「箱長」だ。「木目込み」という伝統の技法で鈴の絵柄をあしらったケースは精巧で美しい。日々、パンをおいしく食すための伝統工芸の桐箱だ。

浅草・箱長 桐のパンケース

食パン1斤が入る。

【今日の逸品】
浅草・箱長 桐のパンケース

『サライ』×浅草・箱長(日本)
4,290円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品