組子細工の壁掛け

写真=束ね熨斗 

組子細工は、小さく切り出した木片を釘などを使わずに組み合わせて、美しい幾何学模様を作り出す日本伝統の工芸技術である。その歴史は飛鳥時代まで溯り、日本最古の木造建造物・法隆寺にも、手すりの装飾として見ることができる。薄い木片に入れた切り目をかみ合わせて模様を生み出す細工には、寸分の誤差も許されず、集中力と根気が必須となる。

福を呼ぶ組子アート

そんな組子細工に魅了され、平成27年から鑑賞用の組子作品を制作しているのが、宿毛市にある工務店「濱中建築」の2代目・濱中伸也さん(41歳)だ。平成19年、7年間の修業を経てひとり立ちする際、ほかの職人とは一線を画す個性を持ちたいと思った。ある日、インターネットで知った組子細工に興味を抱き、試しに制作してみたところ、その美しさと奥深さにほれ込んだという。以来、8年の歳月をかけ、独学で研鑽を積み、「組子アート」と称する独特の作品を生み出している。

高度な技を駆使して、曲線も取り入れた濱中さんの作品はじつに立体的。観る角度によって趣が異なり、観ていて飽きない。ここでは、濱中さんが得意とする日本伝統の吉祥文様をモチーフにした2作品を紹介したい。両作品の部材には、高知県産の銘木・幡多ヒノキや嶺北杉などが使われている。

「扇子と蝶」には末広がりと立身出世などの願いが、「束ね熨斗」には祝福や人との絆、長寿などの願いが込められている。どちらも濱中さんが丹精を込めて仕上げた入手困難な稀少品。ぜひ、この機会にお求めいただきたい。

組子細工の壁掛け

写真=扇子と蝶

【今日の逸品】
組子細工の壁掛け

濱中建築
437,800円~(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品