成猫になってから子猫たちと一緒に保護されたにがりちゃん。野良生活が長く、なかなか人間には慣れてくれません。「鼻ツン」作戦でにがりちゃんの心を開くべく日々、奮闘しているわさびちゃんちの父さんなのでした。

成猫になってから子猫たちと一緒に保護されたにがりちゃん。野良生活が長く、なかなか人間には慣れてくれません。「鼻ツン」作戦でにがりちゃんの心を開くべく日々、奮闘しているわさびちゃんちの父さんなのでした。

■鼻ツン流の挨拶

猫の社会性について、もうひとつ。猫だって、ちゃんと挨拶をするんですよ。ちょっと離れたところにいる相手には、ぴーんと尻尾を立てて挨拶。人間が遠くから、「おーい」と手を振る感じでしょうか。そうやって尻尾を立てた状態でお互いに近づき、しっぽを絡ませあい、また、たまには「鼻ツン」で臭いチェックをします。それが、猫流挨拶の作法です。挨拶があるというのは、コミュニケーションツールがあるということ。それはつまり、社会性のある動物、ということなのでしょう。

ちなみに、人間も猫流に猫と挨拶することができるんですよ。さすがに尻尾での挨拶は無理ですが、よく知っている人間が指先やペンの先を猫の鼻に近づけると、ツンと鼻をつけ、ついでにすりっと頬をすり寄せてくれます。人間同士でも挨拶を交わすことはじつに気持ちがいいですよね。猫とも「鼻ツン」で楽しく挨拶してみてください。

入交眞巳さん
《入交眞巳(いりまじり・まみ)さん プロフィール》
日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)卒業後、米国に学び、ジョージア大学付属獣医教育病院獣医行動科レジデント課程を修了。日本ではただひとり、アメリカ獣医行動学専門医の資格を持つ。北里大学獣医学部講師を経て、現在は日本獣医生命科学大学獣医学部で講師を勤める傍ら、同動物医療センターの行動診療科で診察をしている。

《わさびちゃんファミリー(わさびちゃんち)》
カラスに襲われて瀕死の子猫「わさびちゃん」を救助した北海道在住の若い夫妻、父さんと母さん。ふたりの献身的な介護と深い愛情で次第に元気になっていったわさびちゃんの姿は、ネット界で話題に。その後、突然その短い生涯を終えた子猫わさびちゃんの感動の実話をつづった『ありがとう!わさびちゃん』(小学館刊)と、わさびちゃん亡き後、夫妻が保護した子猫の「一味ちゃん」の物語『わさびちゃんちの一味ちゃん』(小学館刊)は、日本中の愛猫家の心を震わせ、これまでにも多くの不幸な猫の保護活動に大きく貢献している。

【関連記事】

「猫のふしぎ」の記事一覧

nyankoserai-3

1 2 3 4

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店