新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

ペットのいる生活は、心が豊かになれますよね。可愛いペットにはついついお金もかけたくなるもの。ペットを飼っている方は1年間にどれくらいの費用がかかっているのでしょうか? ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社が、アニコム損保のペット保険契約者5,000名以上から得られた回答をもとに2019年の1年間にペットにかけた年間支出費用を調査しました。犬・猫だけではなく、うさぎ・鳥・フェレット・ハムスター・ハリネズミといった小動物までご紹介していきます。

■犬にかける年間費用は30万円、猫は16万円

犬・猫それぞれについて、病気の治療費やフード代、トリミング料といった各項目にかかる費用を調べたところ、犬では306,801円(前年比92.5%)、猫では158,680円(前年比98.6%)という結果が出てきました。

合計額では前年から大きな変動はなく、犬で30万円台前半の費用を支出、猫ではその半分ほどの飼育費用となっています。最大の支出項目は、犬猫ともに「フード・おやつ(約5万円)」であり、月4千円ほどの支出となっています。防災への意識の高まりからか、犬猫ともに防災にかける費用は上昇しており、災害の続く日本では、今後も防災関連費用は高まっていくであろうことが予想されます。

■体の大きさ別にみる年間費用(犬)

犬の大きさ別に支出した費用を見てみると、基本的には大きさに準じてそれぞれの費用も高くなっています。特に、「フード・おやつ」では、大型犬は小型犬の2倍以上支出しており、食べる量に比例して支出も大きくなっています。また、「しつけ・トレーニング」にかける金額も、小型・中型犬の3倍ほどとなっており、咬傷事故の防止に対する意識の高さがうかがえます。エアコン等を含む光熱費も、大型犬が最も高い結果となりましたが、大型犬も室内で飼育されている傾向が背景にあるのかもしれません。

一方で、小型犬の方が支出の多い項目は、「シャンプー・カット・トリミング」と「洋服」でした。小型犬は大型犬に比べ、トリミングを必要とするトイ・プードルなどの犬種が人気であることや、犬の洋服を楽しむ飼い主が多いのかもしれません。

■小動物のペットにかかる費用、最大支出は「うさぎ」

犬・猫以外のエキゾチックアニマル(うさぎ・鳥・フェレット・ハムスター・ハリネズミ)についても調査をしたところ、最も費用が高かったのは「うさぎ」で、年間88,410円。次いで、フェレットが年間69,690円という結果となりました。

エキゾチックアニマルは、犬猫よりも飼育費用が低く、散歩する必要がない、鳴き声の心配がないなどの理由から、マンションなどの集合住宅や一人暮らしでも飼いやすいため、近年犬猫以外のペットの選択肢として人気を集めています。

エキゾチックアニマルは、体温調節が苦手な種も多いからか、犬猫よりも光熱費が高いという結果も見えています。犬猫が15,000円程度であるのに対して、ウサギは24,114円、フェレットは20,474円と、フードに次ぐ費用を支出していることがわかりました。

一方、飼育に必須の費用4項目(治療費・フード・日用品・光熱費)だけで比べてみると、うさぎの合計額88,410円に対し、猫は100,934円と、それほど大差ない額であることもわかりました。一般的には小動物の平均寿命の長さは犬猫に比べ短いので、生涯の飼育費用は少ないかもしれませんが、年間の最低限の飼育費用で考えれば、あまり変わらないと言えそうです。

■ペットへの支出の多さは、「愛情の証」

近年のペット飼育費用の増大は、ペットへの愛情の証とも言えます。「庭で放し飼い」というライフスタイルではなく、ペットを家族として迎えいれ、子どもやパートナー同然の存在として、共に楽しく暮らそうとする意思の表れが、この傾向につながっているものと考えられます。

ペットを飼うには、当然お金がかかります。たとえ小動物であっても、飼育に最低限の費用はかかります。実際に「お金がかかること」は「ペットと暮らして困ったこと」の一つとして挙げられます。それでもペットを飼う人たちはお金以上に「ペットと暮らしてよかったこと」があるのでしょうね。

***

今回ご紹介した費用はあくまで平均値です。ペットが大きな怪我や病気などをした場合、大きな出費となる可能性もあります。費用を理由に飼育放棄となることが決してないよう、家族できちんと相談・検討したうえで、ペットを迎えたいですね。

【調査方法】
アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」の契約者に対し、2019年1月1日~12月31日の1年間にペット1頭へ支出した費用について、インターネット上でアンケートを実施。
(■2019年分調査:有効回答数 6,111 / ■2018年分調査:有効回答数 2,668)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ…
  2. 2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査 猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉
  3. 実は犬じゃなかった!神社の狛犬にまつわる、3つの謎 実は犬じゃなかった! 神社の狛犬にまつわる「3つの謎」
  4. 人気飼育犬種・猫種ランキング2019 保険契約でわかった!「好きな犬」&「好きな猫」ランキングTOP3…
  5. 第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」 「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5
PAGE TOP