新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

40代~50代の自分のスタイルに自信がある人が、体型維持のために努力していること

スタイル

あなたは、自分のスタイルに自信はありますか? 株式会社staueticが運営するエステサロンBloomが、この質問に「はい」と答えた40代~50代のスタイルに自信がある女性を対象に「スタイルに関するアンケート」を実施しました。
多くの女性が「年を重ねるごとにだらしないカラダになっていく気がする」「もっと痩せてキレイになりたい。でも、若い頃より痩せにくい」といった悩みを抱えていると思います。いくつになってもスタイルがいい女性たちは何をしているのでしょうか? 早速、見ていきましょう。

■40代~50代女性のうち、10人に1人は「自分のスタイルに自信がある」と回答

全国40代~50代の女性に「自分のスタイルに自信はありますか?」という質問をしたところ、以下のような結果が出てきました。

スタイル

スタイルに自信のある女性の割合は少ないようですが、「自信がある」と回答した方たちは理由を下記のように挙げています。

・「友人にスタイルを褒めてもらうことが多い!」(東京都/会社員/40代)
・「運動しているし、食事も気をつけています。若い頃のスタイルを維持しています」(大阪府/公務員/40代)
・「親から受け継いだ身長と手足の長さ、骨格バランスの良さに満足しています♪」(滋賀県/専業主婦/50代)
・「スタイルのおかげで5歳~8歳くらい若く見られる。現在52歳ですが、3D測定をした時に38歳と出ました(笑)」(兵庫県/専業主婦/50代)

■7割近くの方が「キレイなスタイルでいるために取り組んでいることがある」。スタイル維持のために努力している理由は?

続いて、自信があると回答した女性に「キレイなスタイルでいるために取り組んでいることはありますか?」という質問をしたところ、7割近くの方が「はい」と回答しました。

スタイル

スタイル維持のために取り組んでいることについて聞いてみると、「運動(42.0%)」と回答した方の割合が最も多く、次いで「食事管理(36.9%)」「ヨガ・ピラティス(11.0%%)」と続きました。
やはり、スタイルに自信がある女性の多くが、スタイル維持のために努力をしているようです。

そこで、「スタイル維持のために努力をしている理由を教えてください」という質問をしたところ、「年齢に負けたくない(47.6%)」「好きなファッションを楽しみたい(27.8%)」「同性に憧れられたい(9.5%)」「異性に憧れられたい(3.6%)」といった意見が挙がりました。

スタイル

自分のスタイルに自信がある女性は、「あの頃は私も輝いてたなぁ…」と思い出に浸るのではなく、”昔と変わらず輝ける自分”を目指す方が多いようですね。
また、「異性に憧れられたい」と回答した方より、「同性に憧れられたい」と回答した方の割合の方が多いことから、スタイルを維持するためのモチベーションは、“異性”からの視線よりも“同性”からの視線の方が強いことが分かりました。

そんなスタイル維持のために努力をしている女性に、「女友達と自分を比べて優越感に浸ったことはありますか?」という質問をしたところ、半数以上の方が「はい」と回答しました。

スタイル

努力をしているからこそ、スタイルに自信がない女性を見た時に「もっと頑張ればいいのに、もったいない……」と感じてしまうのかもしれませんね。

■スタイルに自信がある女性の悩みとは?

それでは、スタイルに自信がある女性は、スタイルに関して悩んでいることはないのでしょうか? 「自分のスタイルに関して悩んでいることは一切ないですか?」という質問をしたところ、7割近くの女性が「いいえ」と回答しました。
スタイルに自信がある女性でも、悩みを抱えている方が多いようです。

スタイル

悩みについて詳しく聞いてみると、「年齢によるたるみを解決する方法が分からない(40.6%)」「若い頃と比べて痩せにくくなった(33.8%)」「以前までの運動量では足りなくなった(10.5%)」といった意見が挙がりました。

スタイルに自信がある女性の中にも、”年齢サイン”を感じている方は多く、「若い頃と同じライフスタイルでは結果が出にくくなっている」といった声が目立ちました。

***

今回の調査から、スタイル維持のために努力をしていても、年齢が上がるごとにそのハードルは高くなっていくということがわかりました。スタイルアップの目的と自分の許容範囲のバランスをとりながら、楽しく続けることが大切かもしれないですね。

調査概要:『スタイルに関するアンケート』
【調査期間】 2019年8月3日(土)~ 2019年8月9日(金)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,034人/10,484人
【調査対象】 40代~50代のスタイルに自信がある女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ダイエット 「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣
  2. 老け手 「老け手」はチェックされている!?|「しわ」「しみ」「血管浮き」…
  3. 「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用
  4. 肥満を防ぎ健康になれる「ベストな食事のタイミング」とは【予防医療…
  5. 亭主を早死させる10カ条と2つの対抗策【名医に聞く健康の秘訣】
PAGE TOP