新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のこれからの生き方

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のセカンドライフ

結婚、出産、育児、介護など、人生の転機は幾度となくやってくる。そんなライフステージの変化は、働き方にも影響を与えるものだ。特に30代~40代の女性は「これからの生き方」や「第二の人生をしあわせに過ごすためには」と考える機会が増えるようだ。

今回はビューティセラピスト養成学校の愛雅粧ビューティカレッジが、30代~40代の働いている女性を対象に行った「女性のセカンドキャリアに関するアンケート」の結果を紹介する。オトナ女子が理想としている将来の自分や、セカンドキャリアに関する本音をのぞいてみよう。

現在の雇用形態「正社員」がトップ

今回のアンケートの回答者は、全国の30代~40代の働いている女性、合計1116人。雇用形態は、半数近くの女性が『正社員(46.9%)』、次いで『パート・アルバイト(36.6%)』『派遣社員(8.1%)』となった。
現在の雇用形態

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたいと回答!

そんな女性たちに「60歳を過ぎても働きたいと思いますか?」と質問したところ、約半数の方が『働きたい』と回答した。定年退職の引き上げが話題になっているが、実際のところ、現在の一般的な定年年齢の60歳を過ぎても働き続けたいと考えている女性が多いようだ。

また、働きたい理由を聞いてみると、『経済的な理由から(54.7%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『健康維持のため(18.6%)』『働くのが好きだから(15.6%)』『時間に余裕があるから(9.5%)』といった結果になった。
60歳を過ぎても働きたいと思いますか?

セカンドキャリアに求めること第1位は「やりがいを感じることができる」

「セカンドキャリアに求めることについて教えてください(複数回答可)」と聞いてみると、『やりがいを感じることができる(51.7%)』『社会と繋がりをもちたい(36.0%)』『人の役に立てる(28.1%)』『女性でも活躍できる(26.3%)』『一生キャリアを積みかさねていける(22.9%)』『高収入を狙える(19.5%)』『一生ものの資格が手に入る(10.9%)』といった順になった。
また、「今までのご自身の経験を活かせるお仕事がしたいと思いますか?」という質問には、8割近くの女性が『はい』と回答。スキルを獲得することができて、これまでの経験を活かしながらイキイキと働きたい…と考えている女性が多いようだ。

セカンドキャリアに求めること

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うことは…?

最後に、「今後のキャリアアップのために学びなおしをしたいと思いますか?」と質問したところ、4割近くの女性が『どちらかといえばしたいと思う』と回答。次いで『したいと思う』『どちらかといえばしたくない』と続いた。この事から、自分の将来のために学びなおしをしたいと考えている女性が6割以上いることがわかった。

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うこと

女性活躍推進法が施行され、昔と比べて正社員として働く女性が増えている。「男性は仕事、女性は家庭」と言われていた時代はもう古く、多くの女性がセカンドキャリアに対して真剣に向き合っているようだ。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
PAGE TOP