新着記事

LGBTQ支援はロンドン、リオ大会のレガシー。東京2020はどうなりますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編14】

LGBTQ支援はロンドン、リオ大会のレガシー。東京2020はどうなりますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編14】

コスタクルーズ提供

費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のこれからの生き方

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のセカンドライフ

結婚、出産、育児、介護など、人生の転機は幾度となくやってくる。そんなライフステージの変化は、働き方にも影響を与えるものだ。特に30代~40代の女性は「これからの生き方」や「第二の人生をしあわせに過ごすためには」と考える機会が増えるようだ。

今回はビューティセラピスト養成学校の愛雅粧ビューティカレッジが、30代~40代の働いている女性を対象に行った「女性のセカンドキャリアに関するアンケート」の結果を紹介する。オトナ女子が理想としている将来の自分や、セカンドキャリアに関する本音をのぞいてみよう。

現在の雇用形態「正社員」がトップ

今回のアンケートの回答者は、全国の30代~40代の働いている女性、合計1116人。雇用形態は、半数近くの女性が『正社員(46.9%)』、次いで『パート・アルバイト(36.6%)』『派遣社員(8.1%)』となった。
現在の雇用形態

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたいと回答!

そんな女性たちに「60歳を過ぎても働きたいと思いますか?」と質問したところ、約半数の方が『働きたい』と回答した。定年退職の引き上げが話題になっているが、実際のところ、現在の一般的な定年年齢の60歳を過ぎても働き続けたいと考えている女性が多いようだ。

また、働きたい理由を聞いてみると、『経済的な理由から(54.7%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『健康維持のため(18.6%)』『働くのが好きだから(15.6%)』『時間に余裕があるから(9.5%)』といった結果になった。
60歳を過ぎても働きたいと思いますか?

セカンドキャリアに求めること第1位は「やりがいを感じることができる」

「セカンドキャリアに求めることについて教えてください(複数回答可)」と聞いてみると、『やりがいを感じることができる(51.7%)』『社会と繋がりをもちたい(36.0%)』『人の役に立てる(28.1%)』『女性でも活躍できる(26.3%)』『一生キャリアを積みかさねていける(22.9%)』『高収入を狙える(19.5%)』『一生ものの資格が手に入る(10.9%)』といった順になった。
また、「今までのご自身の経験を活かせるお仕事がしたいと思いますか?」という質問には、8割近くの女性が『はい』と回答。スキルを獲得することができて、これまでの経験を活かしながらイキイキと働きたい…と考えている女性が多いようだ。

セカンドキャリアに求めること

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うことは…?

最後に、「今後のキャリアアップのために学びなおしをしたいと思いますか?」と質問したところ、4割近くの女性が『どちらかといえばしたいと思う』と回答。次いで『したいと思う』『どちらかといえばしたくない』と続いた。この事から、自分の将来のために学びなおしをしたいと考えている女性が6割以上いることがわかった。

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うこと

女性活躍推進法が施行され、昔と比べて正社員として働く女性が増えている。「男性は仕事、女性は家庭」と言われていた時代はもう古く、多くの女性がセカンドキャリアに対して真剣に向き合っているようだ。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP