新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のこれからの生き方

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のセカンドライフ

結婚、出産、育児、介護など、人生の転機は幾度となくやってくる。そんなライフステージの変化は、働き方にも影響を与えるものだ。特に30代~40代の女性は「これからの生き方」や「第二の人生をしあわせに過ごすためには」と考える機会が増えるようだ。

今回はビューティセラピスト養成学校の愛雅粧ビューティカレッジが、30代~40代の働いている女性を対象に行った「女性のセカンドキャリアに関するアンケート」の結果を紹介する。オトナ女子が理想としている将来の自分や、セカンドキャリアに関する本音をのぞいてみよう。

現在の雇用形態「正社員」がトップ

今回のアンケートの回答者は、全国の30代~40代の働いている女性、合計1116人。雇用形態は、半数近くの女性が『正社員(46.9%)』、次いで『パート・アルバイト(36.6%)』『派遣社員(8.1%)』となった。
現在の雇用形態

約半数の女性が60歳を過ぎても働きたいと回答!

そんな女性たちに「60歳を過ぎても働きたいと思いますか?」と質問したところ、約半数の方が『働きたい』と回答した。定年退職の引き上げが話題になっているが、実際のところ、現在の一般的な定年年齢の60歳を過ぎても働き続けたいと考えている女性が多いようだ。

また、働きたい理由を聞いてみると、『経済的な理由から(54.7%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『健康維持のため(18.6%)』『働くのが好きだから(15.6%)』『時間に余裕があるから(9.5%)』といった結果になった。
60歳を過ぎても働きたいと思いますか?

セカンドキャリアに求めること第1位は「やりがいを感じることができる」

「セカンドキャリアに求めることについて教えてください(複数回答可)」と聞いてみると、『やりがいを感じることができる(51.7%)』『社会と繋がりをもちたい(36.0%)』『人の役に立てる(28.1%)』『女性でも活躍できる(26.3%)』『一生キャリアを積みかさねていける(22.9%)』『高収入を狙える(19.5%)』『一生ものの資格が手に入る(10.9%)』といった順になった。
また、「今までのご自身の経験を活かせるお仕事がしたいと思いますか?」という質問には、8割近くの女性が『はい』と回答。スキルを獲得することができて、これまでの経験を活かしながらイキイキと働きたい…と考えている女性が多いようだ。

セカンドキャリアに求めること

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うことは…?

最後に、「今後のキャリアアップのために学びなおしをしたいと思いますか?」と質問したところ、4割近くの女性が『どちらかといえばしたいと思う』と回答。次いで『したいと思う』『どちらかといえばしたくない』と続いた。この事から、自分の将来のために学びなおしをしたいと考えている女性が6割以上いることがわかった。

今後のキャリアアップのために女性がしたいと思うこと

女性活躍推進法が施行され、昔と比べて正社員として働く女性が増えている。「男性は仕事、女性は家庭」と言われていた時代はもう古く、多くの女性がセカンドキャリアに対して真剣に向き合っているようだ。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. パートナー 人生100年時代に考える「理想の歳の重ね方」|50歳~65歳が憧…
  2. 起業 定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あ…
  3. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
PAGE TOP