新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる?

働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる?
2018年に総務省が発表した推計によると、女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えたという(出典:総務省統計局ホームページ)。日本の女性の長寿傾向は加速しており「おばあちゃん大国」への道を邁進しているようだ。そうした背景などから、老後資金については男性よりも女性の方がシビアだと言われているが、実際のところはどうなのか? お金の教養を身につけるための総合マネースクールを運営するファイナンシャルアカデミーが、その実態を把握するため「女性の定年後」に関する意識調査を実施した。早速、調査結果を紹介しよう。

働く女性の9割「定年後が不安」理由は「年金など金銭面」「健康」

「定年後についてどのように思われますか?」という質問に対し、全体の約9割の人が「不安」と回答。その理由をたずねると「年金がもらえるかわからないなど金銭面的に不安があるから」といった声が最も多く挙がっていた。その他、「雇用延長の制度があっても健康の面で働き続けられるかわからない」という声もあり、不安な気持ちの裏側には複数の不安要素が存在していることがわかった。

定年後についてどのように思われますか?

働く女性の約8割が「定年後に必要な具体的金額を把握していない」

定年後の資金についてたずねたところ、「把握できている」と回答した人は全体のわずか2割にとどまった。前述の通り、大多数が「定年後が不安」と回答した理由として金銭面の不安が挙げられたが、その不安の原因のひとつとして「定年後にいくら必要なのか、具体的な金額を知らない」ということがあるようだ。

定年後の資金

定年後「働きたい:働きたくない=50%:50%」

定年後の勤続意向についてたずねたところ「働きたい」「働きたくない」が、50:50という結果となった。「働きたい」と回答した人にその理由をたずねると「お金が足りない」「年金だけでは暮らしていけないから」といった声が上位に挙がり、逆に「働きたくない」という回答の理由としては主に「身体的にきつい」「老後はゆっくり暮らしたい」といった声が多かった。「働きたい」というよりは「本当は働きたくない、働けないかもしれないけれど働く必要がある」と考えている人が一定数存在するという実態が浮き彫りになった。

定年後の勤続意向

働く女性の約4割が「保有資産なし」

現在の保有資産について聞いたところ、「貯金」が最も多く全体の約4割となった。次いで「(資産を)持っていない」という人も約4割近く存在していることがわかった。この2つが圧倒的であり、その他の金融資産などを保有している人はいずれも約1割かそれ以下であるのが実情のようだ。

現在の保有資産

定年後の主な収入源トップ2は「給与」「公的年金」

また、定年後の収入源についてたずねたところ「本業による収入」「公的年金」がトップ2となった。「準備できていない」と回答した人は約3割、副業という収入源を持っている人はわずか1割だった。

定年後の収入源

50年以上前の日本を基準にした年金制度に頼らない定年後設計を

今回の調査では、「働く女性の3人に1人が保有資産なし」という、ある意味衝撃的な事実が明らかになった。また「定年後にいくら必要か知らない」という人も全体の約8割にのぼり、働く女性であっても、大半が定年後に対する知識不足と準備不足を課題として抱えているのが浮き彫りとなった。

現行の国民皆年金制度は、1961年に平均寿命が66歳だった頃の日本を基準に設計されたものであり、その制度に頼りっきりになるのは危険かもしれない。
既に定年後の収入源トップ2の確実性が揺らいでいる現在、老後の不安を払拭するためには、定年前のなるべく早い段階からの、他力本願ではない自らの計画的な蓄えが重要であるといえそうだ。

50年以上前の日本を基準にした年金制度に頼らない定年後設計を

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策 今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000…
  2. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
  3. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  4. 約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のセカンドライフ 約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のこれからの生き方
  5. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』 定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』…
PAGE TOP