新着記事

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、大阪の市外にある特別養護老人ホームで働いているめぐみさん(仮名・35歳)。大阪府の郊外出身で、両親と2歳上に兄のいる4人家族。小さい頃から優しかった祖父が入院したことにより、母親は仕事を辞めて2人の世話をすることに。学生だっためぐみさんも祖父母の世話を自ら手伝うようになりますが、父親、そして兄は何もしてくれませんでした。

「祖父が退院してからのほうが大変で、祖父の下の世話なども母がやっていました。私はお世話をしていたというより、一緒に過ごしていたぐらいです。でも、それさえも父と兄はしませんでした。祖父母の気持ちになったら、一人息子の父がまったく会いに来ないことはショックですよね。隣に住んでいるのに……」

祖父母の介護をする母親を助けるため、シフト制の仕事を選択。2人が亡くなるまで母親と必死に支え続けた

短大を卒業しためぐみさんはその後、ビジネスホテルに就職。フロントスタッフとして働き出します。ホテルを選んだのにもある理由があったと語ります。

「シフト制なので、平日まったく動けなくなるということがないと思い、選びました。その頃には祖父は一度心筋梗塞で倒れてから元気になっていたんですが、気力がどんどんなくなっていき、ほぼ寝たきりになっていました。ケアの人に来てもらうこともあったけど、世話のメインは母親です。だから、少しでも手伝えるように、平日はずっと1人という環境を作りたくなくて。母親の気持ちが折れちゃうんじゃないかなってとにかく心配だったんです」

就職して1年後、祖父が他界。それを追うように、祖母も1年も経たずに亡くなってしまったと言います。

「祖父は心臓の病気で、祖母は肺炎で亡くなりました。本当に後を追うような感じでしたね。祖父が亡くなった時は、とにかく祖母を、母を支えなければと思っていたけど、祖母が亡くなった時は心が空っぽになった感じがしました。次に何をしたらいいのかわからなくなったんです。元から何かやりたいことや目標もなかった。そんな自分が浮き彫りになった感じがしました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP