新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

街で見かけた、迷惑なドライバー。【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美
街で見かけた、迷惑なドライバー。【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】1
近ごろ問題となっている「あおり運転」。運転していると誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

私も何度か経験がありますが、もっとも怖かったあおり運転は、2車線の道路で道を譲ることができない場面で、車間距離を詰められたとき。ルームミラーには右に左に蛇行運転をしながら後ろの車があおっている姿が映り、体が震えたことを思い出します。クラクションを鳴らされ、最終的に後ろの車は反対車線に飛び出し、私の車を追い抜いていきました。ここまでひどいのは後にも先も無いことでしたが、酔っ払いの運転としか思えないひどいドライバーです。

車間距離を詰めることも、
蛇行運転をすることも、
不必要なクラクションやパッシングなど、
すべては道路交通違反にあたる危険な運転行為です。

よく見かける交通違反とマナー違反

「あおり運転」は、当然やってはいけない行為だと認知されていますが、私たち自身の運転を改めて振り返ってみると、実は交通違反だった、周囲に迷惑をかけていたということもあります。

例えば信号のない横断歩道。歩行者が渡ろうとしているときは歩行者優先が当たり前なのに、停車せずに通過する車。中には加速する車もいます。信号のない横断歩道で歩行者がいたら一時停止し歩行者を優先するか、横断歩道の手前では車を停止できる速度まで落として通過することが道路交通法でも定められています。

方向指示器、ウインカーを出すのが遅い車や、中にはウインカーを出さずに進路変更をする車も見かけます。合図を出さずに進路の変更をしたらこれも違反です。また黄色の車両通行帯を無視して進路変更する車も見かけますがこれも当然アウト。道に慣れていなくて進路変更するのが遅れてしまい、慌てて進路変更したのかもしれませんが、黄色の車両通行帯での進路変更は当然違反。周囲の車に迷惑をかけることになりますしとても危険です。

交通違反と同じく、ドライバーのマナー違反も気になります。

以前、駐車場で隣の車のオーナーが、ドアを開けるときにがばっと大胆に開けたため、私の車にドンとドアが当たりました。当てたにも関わらず、その車のオーナーは、バツが悪かったのか車を降りると何も言わず足早に立ち去ってしまいました。一部始終を見ていたもののあっけにとられた私は何も言えず終い。ドアは目に見える傷はついていなかったけど、怒りがじわじわとこみ上げてきました。ひとこと、言えない私も私ですが、ひとこと、謝罪できない相手も相手ですよね。

つい先日も、ぎりぎり2台が行き交うことができる狭い道で困ったことがありました。対向車はまったく道を譲る気持ちがなく、道路上で互いににらめっこ状態。対向車が少し右に寄ってくれれば通過できるのに、道の真ん中から車を動かさないためすれ違うことができなかったのです。幅寄せが苦手なドライバーなのだろう……と諦めてバックで走行し、広い道まで戻ってから対向車を優先。でも対向車は挨拶もせずに行ってしまったので、心はもやもや、イライラ。こうやってイライラしたり、相手からのお礼を催促してしまうのも、心にゆとりが無いドライバーですよね。

街で見かけた、迷惑なドライバー

周囲への思いやりは、交流ルールを守ることにもつながる

運転歴が長くても自身を過大評価せず、常日頃から謙虚な姿勢で自分の運転を見直して、周囲に対して思いやりの心をもって運転をしたいものです。そういえば昔、時速300kmを超える中でバトルをするプロのレーシングドライバーが言っていました。

「サーキットはプロ同士。互いにスキルは高く、尊敬しあっているからこそ瀬戸際のレーシングバトルを行える。だから一般道は怖いよ。周囲のドライバーがどんな運転をするのか出会うまでわからないでしょ? ある意味、街中ではレース以上に周囲の状況を考えて慎重に走っているよ」

初めて道で出会う、知らないドライバー同士でシェアする道。周囲に対して思いやる心がなければ、安全に道をシェアすることはできません。そして思いやる気持ちは交通ルールも守ることにつながります。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ 1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシッ…
  2. モーニングクルーズ 「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋…
  3. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
  4. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所 首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろ…
  5. BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロ…
PAGE TOP