新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

3人に1人が過去1年間に「あおり運転」をされた経験あり!|「年末年始の帰省・お出かけ」大調査

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査
年末年始の休みに帰省する方、出かける方は多いと思う。

登録会員数が176万人を超える地域コミュニティーサービス「マチコミ」(http://mail.machicomi.jp/)及び、GPSなどの位置情報によって危険を未然に防ぐ児童見守りサービス「みもり」( http://mimori-ai.jp/ )を運営するドリームエリア株式会社が行った、「年末年始の帰省・お出かけ」に関するアンケート調査結果を紹介しよう。

【調査概要】
調査対象期間:2018年12月13日
調査方法:インターネット調査
調査対象:「マチコミ」利用者 有効回答者数 9,622名

■今年の年末年始は、およそ2人に1人が帰省。自宅派も24%

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査
「年末年始に帰省しますか?」という質問に対しては、「自宅で過ごす」(23.9%)と回答した方がいる一方で、およそ2人に1人の方が「帰省する」(45.6%)と回答。今年も多くの方が年末年始に帰省するようだ。

■82%の方が、年末年始の帰省やお出かけの際に「車」を使用
過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査

次に、年末年始の帰省やお出かけの際の交通手段を質問したところ、じつに8割以上の方が「車」(82.2%)と回答した。

■帰省やお出かけの際、約5割が「交通事故」を心配。「迷子」が心配という声も

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査「お子様との帰省、お出かけの際に心配なことは?」という質問に対しては、「風邪などの感染症」(69.4%)に次いで、「交通事故」(50.9%)、「生活のリズムの乱れ」(37.4%)という結果に。また、「行楽地での迷子」(12.3%)、「初詣などでの迷子」(10.4%)と回答した方もいた。

■運転中の「あおり運転」は過去1年間では3人に1人が経験

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査

昨今、注目されることも多い「あおり運転」。「運転中に後続車などからあおり運転をされた経験はありますか?」という質問に対しては、約半数が「経験なし」(51.5%)と回答した一方、過去1年間で見ると、およそ3人に1人の方があおり運転をされた経験があることが分かった。

■約90%が「あおり運転や他車の運転に不安を感じている」

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査

また、「家族で車で出かける際、あおり運転など他の車の動きに不安がある」と回答した方はじつにおよそ9割。多くの方が、自分の車以外の車や運転に何らかの不安を持っているようだ。

「あおり運転のニュースを見るたび恐怖でしかなく、明日は我が身かとヒヤヒヤしながら運転するようになりました。後方が気になって仕方ないです…」
「煽り運転は、後ろに子供やペットが乗っていると怖いです」
「煽り運転が怖いので、移動は極力電車で」

■「あおり運転」の対処法は、約半数が「ドライブレコーダー、スマホで記録する」と回答

過去1年間に「あおり運転」をされた経験があるのは3人に1人|「年末年始の帰省・お出かけ」に関する調査

「今後、あおり運転をされた時、どのように対処しますか?」という質問に対して一番多かった回答は「車線変更、路肩に停車などで譲る」(66.7%)、次いで「ドライブレコーダー、スマホで記録する」(44.8%)という結果に。従来の「道を譲る」という対処のほかに、ドライブレコーダー等での記録という対処法を取られる方も目立つ回答となった。

* * *

最近、注目されている「あおり運転」だが、もし遭遇しても冷静な対応で対処したい。ドライブレコーダーは必須の機器になってきている感じもする。いずれにしても、譲り合いの精神で安全運転を心がけたいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~…
  2. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。 【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスー…
  3. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー…
  4. スズキ/ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川…
  5. サライ世代の車の選び方、考え方。自分のためにとことんわがままになろう! シニア世代の車の選び方は、自分のためにとことんわがままになろう!…
PAGE TOP