新着記事

死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】 JR北海道全線踏破10日間の旅 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方


知っておきたい60代からのライフプラン

自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面からもしっかり将来設計を考えておくことが大切です。10年先、20年先の生活の見通しを立てていくと、先々への漠然とした不安を解消することもできます。

どんな暮らしがしたいですか

「これから、どんな暮らしがしたいですか」と質問されたら、あなたは何と答えますか?  住宅ローンを完済したマイホームで孫たちと食卓を囲むのが楽しみという人もいれば、退職を機に郷里に戻って畑仕事をしたいと答える人もいるでしょう。夫婦で豪華客船世界一周旅行を挙げる人もいれば、絵を習って 個展を開きたいという人がいるかもしれません。きっと100人いれば100通りの答えが返ってくるでしょう。

ただし、何をするにも避けて通れないのがお金のことです。ですから、それらを実現するためには、できるだけ具体的にイメージして、かかるお金をどう準備するか、計画することが必要です。逆にいえば、資金面での準備ができれば、夢の実現に近づけるはずです。

とはいえ、体力的な衰えから、将来への不安が大きくなるのもこの世代の特徴です。内閣府が行った高齢者の日常生活に関する意識調査でも、下のグラフのとおり過半数の人が、自分や配偶者が病気や要介護状態になることについて、不安に感じているようです。

(C)2018 NPO法人 日本FP協会

先々を心配し過ぎるあまりに、お金があってもできるだけ使わないように、と思う人がいるかもしれません。

年齢とともに身体が衰えてくるのは避けられないとしても、入院や介護が必要になったときに、どうしたいかを具体的に考え、それに備えるお金を計画的に準備できていると、漠然とした将来の不安はきっと少なくなるはずです。自分らしく、心豊かにリタイアメ ント生活を送るためには、資金面での計画が欠かせないのです。

生き方をデザインし ライフプランを立てる

どのような生き方をしたいのかを考え、描くことをライフデザインといい、資金計画を含め、これからの人生をどうしたいのかという将来設計のことをライフプランといいます。必ずしも計画通りとはいかなくても、ライフプランを立てれば、いつ頃、どこで誰とどんな暮らしをしていたいかが明確になり、自分らしく生きるためにはどう進めばいいかの道しるべとなります。

ライフプランは一般に、次の手順で考えると、つくりやすいでしょう。

(1)これからの暮らしや夢をイメージしながら、自分の立ち位置を確認しておきます。そのうえで(2)1年間の収入と支出を振り返ったり、手持ちの資産、負債などを洗い出して、家計の全体像を把握します。次に、(3)これから理想とする暮らし方ややりたいことなどをリストアップし、それにかかる費用を調べます。同時に、(4)いつ頃それを実行に移したいかも考え、これらをライフイベント表と呼ばれる1枚の表にまとめます。最後に、(5)現状とそれぞれのイベントに必要なお金を見比べて、どう準備していけばよいかを考えます。

(C)2018 NPO法人 日本FP協会

リタイア後はより計画性を持って

現役時代は、やりたいことを実現するために、お金の面で多少無理をしても、後で頑張って収入を増やせば帳尻が合う、と考えることもできました。しかし年金が主な収入源になるリタイア後は、そうはいきません。だからこそ、より計画的な資金準備が大切です。

また、これからはますます、病気や介護などが心配になるでしょう。繰り返しになりますが、万が一、入院や介護が必要になったときに自分ならどうしたいか、あらかじめライフプランを立てておけば、こうした不安の解消にも役に立ちます。

さらに、自分が亡くなった後に、家族にどう財産を遺すかも考えておきたいところです。先ほど紹介した内閣府の調査でも、子どもや孫の将来について心配する声が聞かれます。いつその時がくるのかは誰にもわかりませんが、どう遺していくかをライフプランに組み込んでおくと、ある程度は計画的に考えられるのではないでしょうか。

まずは現状の把握から

では、ライフプラン作成の手順に従って、少し手を動かしてみましょう。

まずは、現状の把握からです。年間収支表を使って、1年間の収入と支出を振り返ってみましょう。 給与、年金とも、税金等が引かれた後の手取り収入を記入します。投資信託の分配金などがある人は、預貯金利息等に記入してください。民間の保険会社などで加入した個人年金をもらっている人や、子どもからの仕送りがある人はその他収入に書き込みます。支出のなかの社会保険料は、給与や年金から差し引かれるのではなく、別途納めているものがあれば記入します。収入から支出を引いてマイナスになれば、年間で貯蓄から取り崩している金額の目安が見えてくるかもしれません。

ちなみに、総務省が発表した高齢無職世帯(2人以上の世帯、2017年) の収入の月額平均は、20万9198円。そのほとんどが年金収入です。ここから健康保険や介護保険の保険料、税金などの負担分を差し引いた、18万958円が1カ月に自由に使えるお金になります。これに対し、支出の平均は23万5477円で、その差額は約5万4500円。これを年間で考えると約65万円は、貯蓄などを取り崩しながら生活しているようです。

年間のお金の流れと合わせて確認しておきたいのが、自分の資産の状況です。

こちらは、下にあるような表を使うと便利です。表の左側に家計の資産、右側に負債の内訳を記入します。

記入時のポイントは、その時点での価格で考えることです。たとえば自動車は購入時の価格ではなく、今売却したら、いくらで売れるかを考えます。

資産の内訳は、主に預貯金や株式、投資信託などの金融資産のほか、加入中の保険の解約返戻金も忘れずに記録します。解約返戻金の額は、保険証券に書いてある場合もありますが、わからなければ保険会社のコールセンターに問い合わせると教えてもらえます。

自宅などの不動産については、近所で同じような築年数や間取りの物件が売りに出ていれば、その価格を参考にすることもできますが、特に費用はかからないので、不動産業者に査定してもらえば、実態に近い金額がわかります。

このほか、貴金属、美術品、骨董品など高価なものがある場合は、今換金したらいくらになるかを調べて記入します。

負債に関しては、住宅ローンや車のローンなど返済中のローンの残高を記入します。

こうして求めた、資産の合計から負債の合計を引いて計算した金額が、自分の本当の意味での資産になります。これらを客観的に見ておけば、これからやりたいことを考えたときに、どこまでが現実的に可能なのかを判断するのに役立ちます。

資産と負債の状況は定期的に見直しを

預貯金などはイベントがあれば増減します。株式や投資信託の価格も日々変わりますし、保険の解約返戻金も契約からの年数で変化します。資産と負債の状況は、定期的に見直すのがおすすめです。毎年、誕生日や年初など、時期を決めて見直す習慣を持つと、忘れにくいでしょう。

(C)2018 NPO法人 日本FP協会

※本記事はNPO法人 日本FP協会発行のハンドブック「自分らしく暮らすために 60代から始めるマネー&ライフプラン」から転載したものです。

協力:NPO法人 日本FP協会 https://www.jafp.or.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方
  2. 働きながらもらうと年金が減ることも|知っておきたい年金と60歳か…
  3. 国内旅行10万円!子供の結婚100万円!葬儀費用200万円!|定…
PAGE TOP