新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

絶対安全でお金が何倍にもなる商品はない|知っておきたい資産運用の基本ルール

知っておきたい資産運用の基本ルール

知っておきたい資産運用の基本ルール

リタイア世代にとって、資産運用は手元のお金を守り、増やすための有効な方法です。しかし、とりあえず始めてみるというやり方は考えもの。資産運用を始めるなら、知っておきたい基礎知識があります。60代から始める資産運用の基本についてまとめました。

お金を目的別に分けていますか?

「退職金としてまとまったお金を受け取ったので、少しでも増やしたい」人もいれば、「リタイア後の趣味と実益を兼ねてやってみたい」人など、退職を機に資産運用を始めようと思う人は多いようです。実際、退職後にただ貯蓄を取り崩した場合と、少しでもお金を増やしながら貯蓄を取り崩した場合では、資産の減り方は大きく変わります。リタイア世代の人にとって、適切な資産運用ができるかどうかは、生活の余裕度に直結する、興味深いテーマといえるでしょう。

自分が関心を持っていなくても、退職金が入ると金融機関から営業を受けることも増えるので、興味の有無にかかわらず、60代の人には、資産運用の基礎知識をぜひ持っておいてほしいものです。

たとえば、初めての運用で勧められるまま、株式や投資信託を数百万円購入するのはよくあるパターンですが、あまりおすすめできません。

資産運用とは、いきなり投資することではなく、自分の資産全体を色分けすることから始まります。手持ちのお金で、使う目的や使う時期に応じて、「日常やいざというとき使うお金」、「少し先に使うお金」、「当面は使う予定のないお金」の3つのグループに分け、それぞれ適切な商品を利用することが資産運用なのです。

「日常やいざというとき使うお金」には、当面の生活費や、病気やけがの治療費にとっておきたいお金が該当します。当面の生活費とは半年から1年分、たとえば生活費が25万円の家庭なら、150万円から300万円程度と考えます。併せて、急な病気やけがなどのアクシデントに備えるお金として50万円から100万円を目安に考えてください。基本的にここに入るものは、必要になったらすぐに使えるようにしておくことがポイントです。

「少し先に使うお金」には、数年以内に予定しているイベントの費用などが含まれます。たとえば、来年行くつもりの海外旅行の費用や、3年後くらいにリフォームを考えているなら、その費用などが該当します。子どもの結婚もそろそろという人なら、その援助資金もここに含めます。このグループのお金は安全性資金と呼ばれ、使う時期まで減らさないような運用を心掛けましょう。

「当面は使う予定のないお金」には、10年以上先の生活費やイベントのお金が入ります。また、子どもや孫に遺すつもりのお金もここに含まれます。このグループは余裕のあるお金なので、増やすことを考えて運用できます。

一方で金融商品にも、流動性、安全性、収益性といった性質があります。お金の預け先を考えるなら、「日常やいざというとき使うお金」には流動性の高い金融商品、「少し先に使うお金」には安全性の高い金融商品、「当面は使う予定のないお金」には収益性の高い金融商品が向いています。お金の目的や性質によって、金融商品を使い分けるようにしましょう。

お金の色分けと商品の例(C)2018 NPO法人 日本FP協会

上の表に、3つの性質のお金には、それぞれどんな金融商品が向いているかを具体的に示したので、参考にしてください。

ところで、もしも世の中に、3つの性質をすべて併せ持つ金融商品があったら、いろいろ考えなくても、常にその商品にお金を預けておけばよいはずです。しかし残念ながら、一つの金融商品が3つの性質を同時に併せ持つことはありません。「絶対安全でお金が何倍にもなる商品」はありえないのです。

運用を始めるときの注意点

お金の色分けが済んで、相性のよい金融商品もわかったら、運用の注意点を押さえておきましょう。特に収益性資金で投資を始める場合の5つのポイントは次のとおりです。

リスク・リターンの関係図(C)2018 NPO法人 日本FP協会

(1)リスクとリターンの関係を知る

「リスク」イコール「危険」と思っている人が多いかもしれませんが、資産運用のリスクは、結果のブレを意味します。リスクの高い金融商品は、悪い方向にブレるのと同じだけ、よい方向にブレる可能性もあるのです。逆に、リターンを追求する商品は、それだけリスクが高くなるものです。リスクとリターンは、常に表裏一体の関係にあることを知っておきましょう。

一般的に、預貯金はリスクが少なく、リターンも少ない、ローリスク・ローリターンの性質があります。これに対し株式は、高いリターンが見込める一方で損失の可能性も大きい、ハイリスク・ハイリターンの商品です。投資信託は、何に投資しているかによって、ローリスク・ローリターンのものも、ハイリスク・ハイリターンのものもあり一概にはいえません。

高齢者の貯蓄を狙って、架空の運用話を持ち込む人がいます。ほとんどリスクがないのに高いリターンが狙える話を聞くと、魅力を感じるかもしれませんが、リスクとリターンの関係を理解していると、リスクが低いのにリターンが高いのはありえないと気が付くはずです。

(2)自分のリスク許容度を知る

投資した金融商品の価格のブレに、どれだけ耐えられるかを、リスク許容度といいます。人の性格的な要素に左右されますが、一般的には資産や収入が多いほど、投資経験が長いほど、年齢が若いほど、リスク許容度は高くなります。60代の資産運用は現役時代と違って、運用に失敗したときに取り返せる時間も短いですし、損した分を別の収入で穴埋めすることも難しいので、たとえ投資経験が長い人でも、それほどリスク許容度は高くないことを自覚しておきましよう。

(3)投資していいお金の範囲を決めておく

【お金の色分けと商品の例】で色分けした、いざというとき使うお金や、減らしてはいけないお金を除いて、投資することが大前提になります。

投資を始めて日が浅い人が、損した分を取り戻そうと、どんどん投資金額を増やしてしまうのはよくある話です。反対に、利益が出始めると面白くなって、さらに投資金額を増やしてしまう場合もあります。エスカレートして、気が付けば、安全性重視のお金まで収益性を狙う商品に回していた、ということがないように、投資していいお金の範囲はここまで、と最初からはっきり決めておくようにしましょう。

時期分散投資のすすめ(C)2018 NPO法人 日本FP協会

(4)集中投資をしない

投資に関する有名な格言で、「卵を一つのかごに盛るな」というものがあります。複数の卵をーつのかごに入れて運んでいるとき、誤ってかごを落としてしまったら、すべての卵が割れてしまうかもしれません。しかし、最初から卵を複数のかごに分けて運べば、一つを落としてしまっても、ほかのかごの卵には被害が及ばないでしよう。一つの金融商品に集中投資せずに、複数の金融商品にお金を分散させて運用すれば、大きな損害を免れるという教訓を伝えているのです。

(5)買う時期・売る時期を分散させる

分散させておくとよいのは、商品だけではありません。売買のタイミングも分散させるのがおすすめです。

値動きのある商品の価格が、今後上がるのか下がるのかを、正確に予想するのはプロでも困難なことです。ですから、買うのも一時にまとめず、何回かに分けて買いましょう。売るときも同様に何回かに分けて徐々に売るのがおすすめです。そうすることで、高値づかみを防ぐこともできますし、底値で手放すことも避けられるのです。

資金の目的別仕分け表(C)2018 NPO法人 日本FP協会

※本記事はNPO法人 日本FP協会発行のハンドブック「自分らしく暮らすために 60代から始めるマネー&ライフプラン」から転載したものです。

協力:NPO法人 日本FP協会 https://www.jafp.or.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 遺言の役割と注意点 財産を誰にどのくらい遺すのか?|知っておきたい遺言の役割と注意点…
  2. 知っておきたい相続の基礎知識 子供のいない夫婦は要注意|知っておきたい相続の基礎知識
  3. 知っておきたい成年後見制度とは 家族が認知症になる前から知っておきたい|成年後見制度のしくみ
  4. 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基…
  5. 知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知って…
PAGE TOP